堀田秋津グループ 京都大学 iPS細胞研究所 未来生命科学開拓部門 堀田研究室

堀田研究室へようこそ!

我々の研究室では、iPS細胞を用いた遺伝子治療の実現を目指して研究を行っています。

iPS細胞は患者本人から低侵襲で樹立することができ、分化多能性を保ったまま好きなだけ増幅することができるため、病態解明や薬剤のスクリーニング、さらには細胞移植による再生医療への応用が期待されています。しかし、血友病や筋ジストロフィーなど先天的な遺伝子異常で起こる疾患については、患者からiPS細胞を樹立しても遺伝子異常を引き継いでいるため、この遺伝子異常を何らかの方法で治す必要があります。当研究部門では、ウイルスベクターやトランスポゾンベクターによる遺伝子導入ベクター開発や、CRISPR-Cas9システムを中心としたゲノム編集技術、エピジェネティック発現制御技術を駆使して、新しい"iPS細胞遺伝子治療"の実現に向けた研究に取り組んでいます。


■ お知らせ ■

Copyright © 2009 Hotta Lab. All Rights Reserved.