News一覧

  • 2020.06.25
    ISSCR 2020 VIRTUAL, Modeling Development and Disease: Neuralで下記の講演を行いました。
    "Basic and translation disease modeling with patient iPSC-derived neural cells"
  • 2020.03.25
    竹内啓喜元研究員の論文がNPJ Vaccinesに掲載されました。
    "Nasal vaccine delivery attenuates brain pathology and cognitive impairment in tauopathy model mice"
  • 2020.03.19
    山本由美元研究員の論文がMolecular Brain誌に掲載されました。
    "Human iPS cell-derived mural cells as an in vitro model of hereditary cerebral small vessel disease"
  • 2020.02.13-14
    牧野大学院生がCiRAリトリートでポスター発表し、ポスター賞を受賞しました。滋賀
  • 2020.02.07
    今村恵子特定拠点講師が、難治性疾患実用化研究事業 免疫アレルギー疾患実用化研究事業 2019年度合同成果報告会にて下記の発表を行いました。
    “シングルセル解析技術を用いた希少難治性神経筋疾患の病態解明と治療法開発”, 東京
  • 2020.1.30
    川澄大学院生が、京都大学メディカルイノベーション卓越大学院プログラム 医薬系研究交流サロンにて下記のポスター発表を行いました。
    “iPS細胞を用いた筋萎縮性側索硬化症の研究”, 京都
  • 2019.12.2
    "Induced pluripotent stem cell-based Drug Repurposing for Amyotrophic lateral sclerosis Medicine (iDReAM) study: Protocol for a phase 1 dose escalation study of bosutinib for amyotrophic lateral sclerosis patients"
  • 2019.11.2
    島根県難病フォーラムin松江で、下記の講演を行いました。
    “iPS細胞を用いたALSの治療薬研究開発”, 島根
  • 2019.10.31
    第53回日本てんかん学会学術集会で、下記の講演を行いました。
    “iPS細胞を用いた神経疾患の研究”, 神戸
  • 2019.7.28
    NEURO2019で、下記の講演を行いました。
    “オールジャパンブレインネットワーク構築に基づく難治性精神・神経疾患根治療法開発,iPS細胞を用いた希少神経難病の研究,From rare to common neurological diseases using iPSCs”, 新潟
  • 2019.7.28
    NEURO2019で、下記の講演を行いました。
    “神経変性疾患iPS細胞を用いた神経科学研究,Translational neuroscience using neurodegenerative disease iPSCs”, 新潟
  • 2019.7.25
    NEURO2019 ランチョンセミナーで、下記の講演を行いました。
    “脳神経疾患iPS細胞研究,Update Brain iPSC research: Review and Update,NEURO2019”, 新潟
  • 2019.5.23
    第67回日本輸血・細胞治療学会学術総会で、下記の講演を行いました。
    “iPS細胞/幹細胞が拓く最新医学研究“, 熊本
  • 2019.4.11
    新適塾 -「未来創薬への誘い」第46回会合で、下記の講演を行いました。
    “幹細胞を用いた神経疾患研究”, 大阪
  • 2019.2.9
    今村恵子特定拠点助教が、Japan-UK Neuroscience Symposium 2019で下記のポスター発表を行いました。
    "Development of therapeutics for amyotrophic lateral sclerosis from iPSC research", 千葉
  • 2019.2.7
    先魁2018プロジェクト国際シンポジウム International Symposium on NEW FRONTIER in NEUROSCIENCE で下記の講演を行いました。
    "iPSCs for neurological disorders: A decade of progress, hurdles, and beyond", 金沢
  • 2018.7.11
    第39回日本炎症・再生医学会-炎症と再生の融合-シンポジウム4「iPS細胞を用いた再生医療と疾患モデル研究」で下記の講演を行いました。
    「神経変性疾患のiPS創薬研究」, 東京
  • 2018.7.4
    The 18th World Congress of Basic and Clinical Pharmacology (WCP2018)で下記の講演を行いました。
    "Human pluripotent stem cells in neurological disease modeling and drug discovery", 京都
  • 2018.5.23
    今村恵子特定拠点助教が、第59回日本神経学会学術大会 シンポジウム「ALSの病態関連分子と治療開発の展望」で下記の講演を行いました。
    「iPS細胞を用いたALS治療開発研究」, 札幌
  • 2018.3.25-3.29
    Keystone Symposia "iPSCs:A Decade of Progress and Beyond(C7)" でオーガナイザーを務めました。また、下記の発表を行いました。
    "Human Pluripotent Stem Cells in Neurological Drug Discovery" , California, USA
  • 2017.11.22
    近藤孝之特定拠点助教の論文がCell Reportsに掲載されました。
    "iPSC-based compound screening and in vitro trials identify a synergistic anti-amyloid β combination for Alzheimer's disease"
  • 2017.11.20
    小松研一元大学院生の論文がNeuroReportに掲載されました。
    "Overexpressed wild-type superoxide dismutase 1 exhibits amyotrophic lateral sclerosis-related misfolded conformation in induced pluripotent stem cell-derived spinal motor neurons"
  • 2017.11.17
    第35回日本神経治療学会総会 シンポジウム5「認知症・治療の展望」で下記の講演を行いました。
    「iPS細胞を用いた治療法の開発」, 大宮
  • 2017.11.16
    日本人類遺伝学会第62回大会で下記の講演を行いました。
    「iPS細胞による神経疾患モデル化と創薬研究」("iPSC-based neurological disease modeling and drug discovery"), 神戸
  • 2017.9.20
    The XXIII World Congress of Neurology(WCN2017)で下記の講演を行いました。
    "Modeling neurodegenerative diseases for drug discovery using human iPSCs" , Kyoto, Japan
  • 2017.9.12
    Cold Spring Harbor Laboratory Corporate Sponsor Program "Neuropharmacology and Human Stem Cel l Models" で下記の発表を行いました。
    "Human pluripotent stem cells in neurological drug discovery" , New York, USA
  • 2017.7.21
    森井芙貴子元特別研究学生の論文がNeuroReportに掲載されました。
    "Analysis of neural crest cells from Charcot-Marie-Tooth disease patients demonstrates disease-relevant molecular signature"
    morii.jpg
  • 2017.7.10
    松薗構佑元特別研究学生の論文がMolecular Therapy - Nucleic Acidsに掲載されました。
    "Antisense oligonucleotides reduce RNA foci in spinocerebellar ataxia 36 patient iPSCs"
  • 2017.5.25
    今村恵子特定拠点助教の論文がScience Translational Medicineに掲載されました。
    "The Src/c-Abl pathway is a potential therapeutic target in amyotrophic lateral sclerosis"
  • 2017.2.15
    村上永尚大学院生の論文がMolecular Brainに掲載されました。
    "Proteasome impairment in neural cells derived from HMSN-P patient iPSCs"
  • 2017.2.2
    後藤和也大学院生の論文がMolecular Therapy - Methods & Clinical Developmentに掲載されました。
    "Simple derivation of spinal motor neurons from ESCs/iPSCs using Sendai virus vectors"
    goto.gif
  • 2016.11.9
    大原亮元受入研究員の論文がClinical Pharmacology & Therapeuticsに掲載されました。
    “Modeling Drug-Induced Neuropathy Using Human iPSCs for Predictive Toxicology
  • 2016.10.18
    石川泰三研究員の論文がHuman Molecular Geneticsに掲載されました。
    “Genetic and pharmacological correction of aberrant dopamine synthesis using patient iPSCs with BH4 metabolism disorders
  • 2016.10.10
    今村恵子特定拠点助教の論文がScientific Reportsに掲載されました。
    “Calcium dysregulation contributes to neurodegeneration in FTLD patient iPSC-derived neurons
  • 2016.7.11
    近藤孝之特定拠点助教の論文がActa Neuropathologica Communicationsに掲載されました。
    “Modeling Alexander disease with patient iPSCs reveals cellular and molecular pathology of astrocyte
  • 2016.6.15
    三嶋崇靖元特別研究学生の論文がParkinsonism & Related Disordersに掲載されました。
    “Cytoplasmic aggregates of dynactin in iPSC-d erived tyrosine hydroxylase-positive neurons from a patient with Perry syndrome”
  • 2016.5.27
    シンポジウム 培養神経細胞の可能性「医薬品開発への応用を目指したモデル細胞の構築とその応用」にて講演を行いました。
    “幹細胞を用いた神経疾患研究”, 豊中
  • 2016.5.20
    第57回日本神経学会学術大会 イブニングセミナー9にて講演を行いました。
    “幹細胞技術を用いた神経疾患研究”, 神戸
  • 2016.5.19
    第57回日本神経学会学術大会「Neuro CPC」にて講演を行いました。
    “病理所見とiPS細胞から分化した運動ニューロンの対比”, 神戸
  • 2016.5.18
    後藤和也大学院生が第57回日本神経学会学術大会にて発表致しました。
    “Library screening to identify a small compound that promotes MNs generation from iPSCs”, 神戸
  • 2016.5.18
    第57回日本神経学会学術大会 教育コース10(生涯教育) わかるアルツハイマー病最前線にて講演を行いました。
    “iPS細胞技術を用いて何ができるのか?”,神戸
  • 2016.3.19
    第15回日本再生医療学会総会 疾患iPS細胞を用いた創薬にて講演を行いました。
    “神経疾患iPS細胞モデル用いた疾患解析と創薬研究”,大阪
  • 2015.11.7
    村上永尚特別研究学生が第37回 神経組織培養研究会にて発表致しました。
    “遺伝性運動感覚ニューロパチーiPS細胞モデルの解析”, 霧島
  • 2015.11.7
    後藤和也大学院生が第37回 神経組織培養研究会にて発表致しました。
    “ヒトiPS/ES細胞から運動ニュウーロンへの分化を促進する化合物のスクリーニング”, 霧島
  • 2015.10.12
    第8回「アルミニウムと健康」フォーラムにて講演を行いました。
    “iPS細胞を用いた神経難病への挑戦”,東京
  • 2015.10.12
    未来発見フォーラム2015にて講演を行いました。
    “iPS細胞を用いた神経難病への挑戦”,東京
  • 2015.10.5
    今村恵子研究員が第34回日本認知症学会にて発表致しました。
    “iPS細胞由来大脳皮質神経細胞を用いた前頭側頭葉変性症の解析”, 青森
  • 2015.10.5
    近藤孝之研究員が第34回日本認知症学会にて発表致しました。
    “患者由来iPS細胞を用いたアルツハイマー病研究”, 青森
  • 2015.8.20
    「京都大学サマースクール」模擬授業にて講義を行いました。
    “iPS細胞を用いた神経難病への挑戦”,京都
  • 2015.7.29
    近藤孝之研究員が第38回日本神経科学大会にて発表致しました。
    “Recapitulating neural disease by iPS-cell derived astrocytes of patients”, 神戸
  • 2015.7.28
    後藤和也大学院生が第38回日本神経科学大会にて発表致しました。
    “Chemical library screening to identify a small compound that promotes motor neurons differentiation from human iPSCs/ESCs”, 神戸
  • 2015.5.21
    後藤和也大学院生が第56回日本神経学会学術大会にて発表致しました。
    “Chemical library screening to identify a small compound that promotes motor neurons differentiation from human iPSCs/ESCs”, 新潟
  • 2015.2.23
    シンポジウム「科学者達による難病への挑戦 iPS細胞を用いた疾患研究」にて、講演を行いました。”iPS細胞を用いた神経難病の研究”, 東京
  • 2015.2.23
    シンポジウム「科学者達による難病への挑戦 iPS細胞を用いた疾患研究」(http://www.jst.go.jp/ips-trend/event/2015/02.html) ( 東京)を開催いたしました。
  • 2015.1.15-17
    近藤孝之研究員が第18回武田科学振興財団生命科学シンポジウムにて発表致しました。
    “Focal Transplantation of Human iPSC-Derived Glial-Rich Neural Progenitors Improves Lifespan of ALS Mice”, 大阪
  • 2014.11.29
    第27回日本総合病院精神医学会総会 特別講演にて講演を行いました。
    “わかりやすいiPS細胞研究の現状:中枢神経系治療薬臨床試験の応用まで”,茨城
  • 2014.12.15
    日本DDS学会創立30周年記念シンポジウムにて講演を行いました。
    “神経疾患研究でのiPS細胞の利用”,東京
  • 2014.11.18
    Society for Neuroscience 2014にて講演を行いました。
    “Disease Modeling Using Pluripotent Stem Cells I.The use of iPS cells toward the treatment of neurodegenerative diseases”, Washington DC, USA
  • 2014.11.8
    Brain Conference 2014にて講演を行いました。
    “iPS cells for the study of neurodegenerative diseases”, Seoul, Korea
  • 2014.10.28
    Chem-Bio Informatics Society (CBI)Annual Meeting 2014にて講演を行いました。
    “iPS細胞を用いたニューロパソロジーの創成”,東京
  • 2014.10.15
    第87回日本生化学大会 シンポジウム 疾患iPS細胞にて講演を行いました。
    “iPS細胞技術を用いた神経再生・変性研究”,京都
  • 2014.10.2
    14th ICGP & 19th JSNP Joint Congressにて講演を行いました。
    “Using iPSCs to study neurological disorders”,つくば
  • 2014.10.1
    近藤研究員がICGP 14th Annual Meeting (ICGP 2014) で下記の演題でポスター発表し、Junior Investigator Awardを受賞しました。
    “Modeling Alzheimer's disease with iPSCs reveals stress phenotypes associated with intracellular Aβ and differential drug responsiveness.”,  つくば
  • 2014.9.12
    近藤研究員がSweden-Kyoto Symposiumにて下記の演題を発表しました。
    "Modeling Alzheimer's disease using patient iPSCs", Stockholm, Sweden
  • 2014.8.28
    今村研究員がCold Spring Harbor Asia Conferencesにて下記の演題を発表しました。
    “Modeling familial ALS using disease-specific iPS cells”,Suzhou, China
  • 2014.8.26
    後藤大学院生がCold Spring Harbor Asia Conferencesにて下記の演題でポスター発表しました。
    “Chemical library screening to identify a small compound that promotes motor neurons differentiation from human iPSCs/ESCs”,Suzhou, China
  • 2014.8.26
    Cold Spring Harbor Asia Conferencesにて講演を行いました。
    “iPSC Technology for the Study of Neural Degeneration and Regeneration”,Suzhou, China
  • 2014.4.24
    Stem Cell Summit 2014 11th Stem Cell Research & Regenerative Medicine Conferenceにて講演を行いました。
    “Unraveling neurodegenerative diseases by iPS cell technology”, Cambridge, MA, USA
  • 2014.4.18-19
    近藤研究員がCiRAリトリートで下記の演題でポスター発表し、Outstanding Poster Prizeを受賞しました。
    “Modeling Alzheimer's disease with iPSCs reveals stress phenotypes associated with intracellular Aβ and differential drug responsiveness.,滋賀”
  • 2014.4.11
    The 5th East Asia Neurology Forum (EA NF)にて講演を行いました。
    “Unraveling neurodegenerative-disease mechanisms using patient-specific iPSCs ” , Kaohsiung, Taiwan
  • 2014.1.16-18
    江川研究員、今村研究員、近藤研究員が第7回武田科学振興財団薬科学シンポジウムで下記の演題を発表しました。
    【1】Drug Screening for ALS Using Patient-Specific iPSCs with TDP-43 mutation
    【2】Modeling familial ALS using disease-specific iPS cells
    【3】Modeling Alzheimer's disease with iPSCs reveals stress phenotypes associated with intracellular Aβ and differential drug responsiveness,  大阪
  • 2014.1.16
    第7回武田科学振興財団薬科学シンポジウムにて講演を行いました。
    “The use of iPS cells toward drug development for neurodegenerative diseases”,大阪
  • 2013.12.11
    神戸バイオメディカル学術交流会にて講演を行いました。
    “iPS細胞を用いた神経変性疾患の研究”,神戸
  • 2013.12.7
    近藤孝之研究員が第20回New Horizon for Neurosciencesにて講演を行いました。
    “iPS細胞技術を用いたアルツハイマー病研究”,東京
  • 2013.11.25
    疾患特異的iPS細胞を利用した病態解明・創薬開発にて講演を行いました。
    “iPS細胞技術を用いた神経変性疾患の研究”,東京
  • 2013.11.7
    第3回医工薬産学公連携支援シンポジウムにて講演を行いました。
    “iPS細胞技術を用いた新たな医療の可能性”,京都
  • 2013.10.24
    Cambridge Stem Cell Institute CAMBRIDGE STEM CELL CLUBにて講演を行いました。
    “Unraveling neurodegenerative diseases using patient-specific iPSCs ", London, U.K.
  • 2013.10.22
    エディンバラ大MRC-CRMにて講演を行いました。
    “Unraveling neurodegenerative diseases using patient-specific iPSCs, Edinburgh, U.K. "
  • 2013.10.14
    BioUANL 2013, From biotechnology to bioeconomy in Mexicoにて講演を行いました。
    “Stem cells: from research to medical application ", Monterrey, Nuevo Leon, Mexico
  • 2013.9.20
    メンバー募集
    特定研究員を募集しています。
    ご興味のある方はCiRAホームページの採用情報をご覧ください。
  • 2013.9.6
    第4回Molecular Cardiovascular Conference IIにて講演を行いました。
    ”iPS細胞技術を用いた神経変性疾患の研究”,北海道
  • 2013.7.19
    第22回 日本Cell Death学会学術集会にて講演を行いました。
    ”iPS細胞技術を用いた神経変性疾患の研究”,京都
  • 2013.7.12
    第5回日本創傷外科学会総会・学術集会にて講演を行いました。
    ”iPS細胞技術を用いた神経変性疾患の研究”,京都
  • 2013.7.10
    ISSCR 11th Annual Meeting, Session Plenary IIIでの講演が、ISSCR会員専用サイト"ISSCR Connect"にて7月24日迄配信予定です。
    ”Unraveling neurodegenerative-disease mechanisms using patient-specific iPSCs”
  • 2013.7.2
    第34 回 日本炎症・再生医学会にて講演を行いました。
    ”iPS細胞技術を用いた神経変性疾患のモデルデザイン”,京都
  • 2013.6.29
    今村研究員が第35回神経組織培養研究会で下記演題を発表いたしました。
    ”iPS細胞作製法とトピックス”,京都
  • 2013.6.22
    Neuro 2013にて講演を行いました。
    ”Neurodegenerative disease-specific iPS cell research”,京都
  • 2013.6.13
    ISSCR 11th Annual Meeting, Session Plenary III: Disease Modelingにて講演を行いました。
    “Unraveling neurodegenerative-disease mechanisms using patient-specific iPSCs", Boston MA, USA
  • 2013.5.29-5.30
    江川研究員、近藤研究員が第54回日本神経学会学術大会で下記の演題を発表しました。
    【1】iPS細胞を用いたALSの病態解析
    【2】家族性アルツハイマー病患者由来iPS細胞の樹立と解析,東京
  • 2013.5.18
    近畿SCD・MSA友の会総会にて講演を行いました。
    iPS細胞作製技術を用いた神経変性疾患の研究,大阪
  • 2013.5.1
    Stem Cells & Cell Signaling - 2013 Meeting on 'Assays to Regenerative Medicine, Tissue Engineering & Therapeutics’にて講演を行いました。
    Modeling Alzheimer's disease using patient-specific iPSCs reveals stress phenotypes, Waltham MA, USA
  • 2013.4.13
    第110 回 日本内科学会総会にて講演を行いました。
    人工多能性幹細胞(induced pluripotent stem cell: iPS細胞)と神経変性疾患,東京
  • 2013.3.27
    京都大学医学研究科グローバルCOEプログラム 高校生のための医学教室
    医学はここまで進んだー脳、がん、iPS、再生医療の最前線にて講演を行いました。
    iPS細胞を用いた神経難病の研究,京都
  • 2013.2.22
    メンバー募集
    京都大学大学院博士課程・修士課程の大学院生を受け入れています。
    興味のある方は井上研究室(inoue-g*cira.kyoto-u.ac.jp)までe-mailにてご連絡ください。
    (お手数ですがメール送信の際*を@に変えてください。)
  • 2013.1.27
    出張CiRAカフェ・FIRST in 神戸に講師として参加しました。
  • 2013.1.27
    一般の方対象公開シンポジウム「iPS細胞 再生医学研究の最前線」にて講演を行いました。神戸
  • 2012.12.5
    江川研究員がThe 23rd International Symposium on ALS/MNDでポスター発表しました。
    "Generation motor neurons through patient-specific iPSCs with mutant TDP-43.", Chicago IL, USA
  • 2012.10.15-17
    江川研究員と八幡研究員が北米神経科学学会で下記の演題でポスター発表しました。
    [1]“Generation motor neurons through patient-specific iPSCs with mutant TDP-43.”
    [2]“Anti-Amyloid β drug validation using human iPS cell-derived neurons for the treatment of Alzheimer's disease.”, New Orleans LA, USA
  • 2012.10.5
    平成24年度「病態に根ざしたALSの新規治療法開発」分科班ワークショップにて下記の演題を発表いたしました。
    “iPS細胞を用いたALSの研究”,東京
  • 2012.7.25
    包括脳・夏のワークショップ 脳疾患関連3領域合同シンポジウムにて下記の演題を発表いたしました。
    “Cellular and molecular analysis of ALS motor neurons using patient-specific iPS cells”,仙台
  • 2012.5.24
    第53回日本神経学会学術大会にて下記演題を発表いたしました。
    “筋萎縮性側索硬化症由来iPS細胞”,東京
  • 2012.5.23
    第53回日本神経学会学術大会で八幡研究員が下記の演題を発表しました。
    “ヒトiPS細胞を用いたアルツハイマー病治療薬探索基盤の開発”,東京
  • 2012.4.20
    第115回日本小児科学会学術集会にて下記演題を発表いたしました。
    “iPS細胞作製技術を用いた神経変性疾患の研究”,福岡
  • 2012.3.16
    第85回日本薬理学会年会にて下記演題を発表いたしました。
    Disease-specific iPSC research for the exploration of pathomechanisms of intractable neurodegenerative diseases,京都
  • 2012.2.23
    CiRA国際シンポジウム2012にて下記演題を発表いたしました。
    Disease-specific iPSC research for neurodegenerative diseases,京都
  • 2011.2.22
    International Symposium on Motor Neuron Disease and Perry Syndrome in Tokyoで下記の演題を発表しました。
    iPS Cell Technology and Motor Neuron Disease,東京
  • 2011.1.14
    CREST/さきがけ「iPS細胞」研究領域合同シンポジウムにて下記の発表をいたしました。
    iPS細胞を駆使した神経変性疾患病因機構の解明,東京
  • 2010.12.27
    メンバー募集
    京都大学大学院博士課程・修士課程の大学院生を受け入れています。
    興味のある方は井上研究室(inoue-g*cira.kyoto-u.ac.jp)までe-mailにてご連絡ください。
    (お手数ですがメール送信の際*を@に変えてください。)
  • 2010.11.13-17
    北岡研究員、八幡研究員が第40回北米神経科学学会で下記の演題を発表しました。
    【1】Analysis of motor neurons derived from induced pluripotent stem cells from ALS patients
    【2】Generation of disease-specific induced pluripotent stem cells from Alzheimer’s disease patients, San Diego CA, USA
  • 2010.9.2-3
    北岡研究員、八幡研究員が第33回日本神経科学大会で下記の演題を発表しました。
    【1】ALS患者由来iPS細胞から運動ニューロンへの分化
    【2】アルツハイマー病患者由来iPS細胞の樹立,神戸
  • 2010.5.20-22
    北岡研究員、八幡研究員、江川研究員が第51回日本神経学会総会で下記の演題を発表しました。
    【1】変異SOD1を有するALS患者由来iPS細胞の樹立と脊髄運動ニューロンへの分化
    【2】若年性アルツハイマー病患者由来iPS細胞の樹立・解析
    【3】遺伝性パーキンソン病患者由来iPS細胞の樹立・解析,東京
  • 2009.10.15
    北岡研究員が第39回北米神経科学学会で下記の演題で発表しました。
    【1】"Direct or indirect differentiation of induced pluripotent stem cells from ALS patients generates motor neurons, Chicago IL, USA"