|LEFT:315|LEFT:265|c
|&ref(theme.jpg,noicon,nolink);&br;&br; 分子生物学的研究等により、筋萎縮性側索硬化症(ALS)やアルツハイマー病など難治性神経変性疾患の分子機構の理解は深まりつつあります。しかしながら、未だ根本的な予防・治療法は確立されていません。 本研究室では、iPS細胞の発見によって作り出すことが可能になった、これまでは手にいれることが全く不可能であった患者さん由来の細胞を用いることによって、分子機構のさらなる理解に基づく、ALSなど難治性神経変性疾患の制圧を目指しています。 |&ref(img01.jpg,noicon,nolink);|