疾患特異的iPS細胞を用いた研究

当研究室では、京都大学附属病院および共同研究機関のご協力者からいただきました検体・情報等(診療情報を含む)を使って、下記の研究課題を実施しています。

研究課題名
難治性疾患の患者由来iPS細胞を用いた病態解明と治療法開発に関する遺伝子解析研究

利用している検体・診療情報などの項目
(検体)共同研究機関において樹立された患者様由来のiPS細胞
診断名、年齢、性別等の診療情報

利用の目的(遺伝子解析研究:有)
疾患病態の解明、および、治療薬もしくは治療方法の探索を行うことを目的としています。

共同研究機関(利用している検体の提供元)及びその研究責任者
広島大学 教授 田原栄俊、准教授 嶋本顕
東京女子医科大学 教授 三谷昌平、准教授 山本俊至
名古屋大学 教授 尾崎紀夫
理研BRC チームリーダー 井上治久(兼務)

利用期間
2015年5月19日から2020年3月31日

研究責任者、および、研究内容の問い合わせ担当者
研究責任者:京都大学iPS細胞研究所 教授 井上治久
研究内容の問い合わせ担当者:京都大学iPS細胞研究所 教授 井上治久
e-mail:inoue-g@cira.kyoto-u.ac.jp

研究課題名
ALS疾患特異的iPS細胞由来の運動神経細胞を用いた化合物スクリーニング研究

対象となる方
京都大学大学院医学研究科・医学部及び医学部附属病院医の倫理委員会において承認された下記2つの研究課題への協力にご同意いただき、検体や問診情報をご提供いただいた筋萎縮性側索硬化症の患者様
「ヒト疾患特異的iPS細胞の作成とそれを用いた疾患解析に関する研究」
「ヒト疾患特異的iPS細胞を用いた遺伝子解析研究」
http://ips.kuhp.kyoto-u.ac.jp/guide/create/for_cooperator.html

利用している検体・診療情報などの項目
(検体)iPS細胞
診断名、年齢、性別等の診療情報

利用の目的
ALS疾患特異的iPS細胞から分化誘導した運動神経細胞を用いてスクリーニングを実施し、開発候補化合物の探索、同定を目指しています。

利用期間
2016年10月7日から2017年9月30日

研究責任者、および、研究内容の問い合わせ担当者
研究責任者:京都大学iPS細胞研究所 教授 井上治久
研究内容の問い合わせ担当者:京都大学iPS細胞研究所 教授 井上治久
e-mail:inoue-g@cira.kyoto-u.ac.jp