ニュース・イベント
News and Events

ニュース・イベント
News and Events

Home › ニュース・イベント › ニュース › 2018年 › イベント・セミナー › ナレッジキャピタル大学校に出展しました

ニュース 
News

  

2018年5月10日

ナレッジキャピタル大学校に出展しました

 2018年4月18日、19日の2日間、大阪市内で開催された「ナレッジキャピタル大学校」にCiRAも出展しました。CiRAはこれまでにナレッジキャピタルと共催でCiRAカフェを開催しています。

 会場入口にはシンボルである巨大な「宇宙鳳凰」のオブジェがそびえ立ち、会場内には10種類の個性的な教室と、研究機関や企業の展示ブースが散りばめられていました。たった2日間のイベントにするにはもったいないと思わせるくらいに作り込まれた会場の雰囲気は、この会場が日常とは異なる特別な学びの場であることを感じさせました。参加者は興味のある講義を各教室で受け、講義の合間に展示ブースを回り、様々な学びを楽しんでいるようでした。

 CiRAブースでは「幹細胞かるた」を中心にiPS細胞研究について紹介し、多くの方々に来場いただきました。平日の開催にもかかわらず、高校生から高齢の方まで幅広い年代の方にお越しいただきました。「幹細胞かるた」のやわらかいイラストが好評で、写真を撮影する方も見られました。この「幹細胞かるた」をきっかけに、幹細胞研究に少しは興味をもっていただけたのではないかと思います。

 同じ会場でさまざまな分野の方が講演や展示をしていたため、通常のイベントよりも幅広い方(特に人文・社会科学系に興味のある方)にもブースにお越しいただけたようです。

幹細胞かるたを楽しみながら解説を聞く参加者

 また、18日には国際広報室の和田濵裕之研究員が「立ち飲み屋っぽい教室」で登壇し、iPS細胞の基本についてお話しました。19日には「黒板とチョークの教室」で上廣倫理研究部門の八田太一助教が登壇し、「再生医療に関するWebサイトの読み方」と題してお話しました。iPS細胞が既に治療に使われていると思われている方も多くいらっしゃることがわかり、改めて研究状況の適切な情報発信がまだまだ必要であることを痛感しました。

立ち飲み屋のような会場で話す和田濱研究員

学校の教室のような会場で話す八田太一助教

 CiRAでは今後も引き続きこうした科学コミュニケーション活動を進めて参ります。CiRAが開催するイベントの一覧は以下のページよりご覧いただけますのでご確認ください。

go top