研究活動
Research Activities

研究活動
Research Activities

Home › 研究活動 › 研究成果 › 自己フィーダー細胞を用いたヒトiPS細胞の樹立、培養に成功

研究成果 
Publications

  

2009年12月2日

自己フィーダー細胞を用いたヒトiPS細胞の樹立、培養に成功

高橋和利講師(京都大学物質–細胞統合システム拠点iPS細胞研究センター)と山中伸弥教授(同iPS細胞研究センター/再生医科学研究所)らの研究グループは、新生児または成人から提供された皮膚線維芽細胞を自己フィーダー細胞として用いてヒトiPS細胞を樹立し、培養できることを見出しました。作製されたiPS細胞は正常な核型を示し、分化多能性があることも確認しています。本論文は、米国科学誌「PLoS ONE」に掲載されました。
従来、マウス線維芽細胞をフィーダー細胞として用いてヒトiPS細胞を樹立、培養してきましたが、本研究結果は、ヒト皮膚線維芽細胞はiPS細胞の資源になると同時に、フィーダー細胞として利用可能であることを示唆しています。

また、自己フィーダー細胞を用いることにより、未知の病原体等を含有する可能性のある動物性フィーダー細胞を用いることを回避できることを示したもので、臨床応用水準のiPS細胞の作製方法の確立に貢献するものと考えられます。

尚、本論文の実験に用いたヒト皮膚線維芽細胞14株のうち、5株は独立行政法人医薬基盤研究所(NIBIO)より提供されたものです。


※ニュースリリースの続きは下記PDFファイルをご覧ください。

go top