研究活動
Research Activities

研究活動
Research Activities

Home › 研究活動 › 主任研究者 › 沖田 圭介 講師

主任研究者
Principal Investigator

未来生命科学開拓部門 沖田 圭介 講師

沖田 圭介 Ph.D

沖田研究室ホームページ

■ 連絡先
okita-g*cira.kyoto-u.ac.jp
お手数ですがメール送信の際*を@に変えてください。

研究概要

 iPS細胞の作製技術はいまだ発展途上の段階です。初期化遺伝子の一つであるc-Mycは癌原遺伝子としても知られており、この遺伝子を含むレトロウイルスで作製したiPS細胞は安全面に問題があることが分かっています。iPS細胞の作製方法としては、他にもアデノウイルスを感染させる方法やタンパク質を直接取り込ませて作製する方法などが考案されています。しかし、こういった作製方法の違いによって樹立されたiPS細胞の性質が少しずつ異なることも分かってきています。また、最近の研究からiPS細胞そのものとES細胞の相違点も明らかとなり、iPS細胞の再プログラム化が必ずしも十分ではないことも分かってきています。完全な再プログラム化を起こすためには、その機構の解明が重要になります。iPS細胞が誘導される過程を詳細に解析することで、こうした違いがなぜ起こるのか、またどのような作製方法が最も安全なiPS細胞の樹立につながるのかを明らかにしていきたいと考えています。

go top