研究活動
Research Activities

研究活動
Research Activities

Home › 研究活動 › 主任研究者 › 妻木 範行 教授

主任研究者
Principal Investigator

増殖分化機構研究部門 妻木 範行 教授

妻木 範行 M.D., Ph.D

妻木研究室ホームページ

■ 連絡先
tsumaki-g*cira.kyoto-u.ac.jp
お手数ですがメール送信の際*を@に変えてください。

研究概要

軟骨には成長軟骨と関節軟骨があります。成長軟骨に異常があると、成長障害などの骨系統疾患を引き起こし、関節軟骨に異常があると、運動時の関節疼痛をもたらす変形性関節症が起こります。整形外科の現場では軟骨の治療は難しく、長年にわたりチャレンジングなテーマです。その理由として、患者さんの軟骨は貴重で、簡単に採って調べることができないため、研究が進みにくいことがありました。一方、私たちを含めて世界中の多くの研究者が、軟骨の形成・分化に重要な遺伝子の機能を調べる基礎研究を行ってきました。この基礎研究の知見に対して、iPS細胞開発に伴う細胞リプログラミング技術を応用することで、既に軟骨疾患患者さんの皮膚細胞を基にして、純粋な軟骨細胞を試験管の中で誘導することが可能になりつつあります。この患者さんの細胞から誘導した軟骨細胞では、患者さんの軟骨疾患病態が再現することが期待できます。そして、誘導した疾患軟骨細胞を疾患モデルとして、病態の解明と薬剤の探索を行います。患者さんの軟骨細胞を誘導する方法には、皮膚などの体細胞を一旦iPS細胞に誘導してから軟骨細胞に分化させる方法と、皮膚細胞を直接軟骨細胞へiPS細胞を経ずに誘導する方法があり、それぞれに利点があります。私たちはこれら一連の、軟骨の基礎研究、軟骨細胞を誘導する技術の確立、病態の解明、薬剤の探索を行い、軟骨疾患の治療法開発に貢献したいと思います。また再生医療に向けて、軟骨欠損の動物モデルに対して誘導軟骨細胞を細胞移植する研究開発も行っていきます。

go top