金子研究室へようこそ

金子研究室は2012年10月にCiRAで産声を上げました。遺伝子治療、免疫治療、移植医療、iPS細胞からのT細胞再生等の経験を活かし、医療にインパクトを与える新しいコンセプトの提案につながる研究を推進します。

アクセス

  • 〒606-8507
  • 京都府京都市左京区聖護院川原町53
  • 京都大学iPS細胞研究所
  • 増殖分化機構研究部門
  • 金子新研究室
  • kaneko-g[at]cira.kyoto-u.ac.jp
  • 交通案内

リンク

Home > 新着情報 > 第16回日本再生医療学会に参加しました

第16回日本再生医療学会に参加しました

2017年03月7日〜9日に仙台で開催された第16回日本再生医療学会に参加しました。
金子研からの参加者は金子、河合、入口、宮坂、三嶋、南川、上田樹、丸山、王の9人です。

発表者とタイトルは下記の通りです。

発表者 番号 タイトル
金子 新 LS-3-1 再生医療・細胞治療における特定細胞加工物の製造
上田 樹 O-14-4 iPS細胞由来キメラ抗原受容体発現再生T細胞療法の開発
南川 淳隆 O-55-6 HLAホモ、ストックiPS細胞を利用した他家細胞免疫療法の確立にむけて
河合 洋平 O-56-3 iPS細胞技術を用いた細胞傷害性T細胞の大量調製法の樹立
入口 翔一 O-56-4 iPS細胞由来再生T細胞の臨床応用に向けた霊長類前臨床モデルの開発
王 博 O-56-5 Generation of a universal donor cell source for adoptive T cell therapy using iPSC technology

 学会の様子は、金子研ブログでも紹介しています。