Naka lab

CiRA, Kyoto Univ.

メニュー

ハイブリッド人工神経

大阪市立大の中村博亮教授と奈良県立医科大の筏(いかだ)義人教授らがiPS細胞と高分子化合物製のチューブとを組み合わせた「ハイブリッド(複合)型人工神経」で、マウスの脚の神経線維を再生させることに成功したそうです。

手術用縫合糸の材料になる高分子化合物のスポンジ層にマウスのiPS細胞から作った神経系細胞を染み込ませたものを後ろ脚の神経が5ミリ欠損したマウスに、この人工神経を移植したところ、3か月後には生活にほとんど影響がないまでに歩行能力が改善した。スポンジ層に神経系細胞を染み込ませなかった場合は回復しにくく、何も移植しないと脚がまひしたままだった。

iPS細胞技術を生かすには他の分野との協力・連携が不可欠です。

関連記事

  1. 2012.01.07

    キメラ猿
  2. 2011.05.14

    iPS細胞の課題