Naka lab

CiRA, Kyoto Univ.

メニュー

肝臓直接分化

肝臓細胞へのダイレクトリプログラミングの報告です。ヒトでもやられていると思いますが、最終産物の性質・安全性などクリアしたものができることを期待したいです。

===ニュースより===
九大、マウス皮膚から肝臓細胞 iPS経由せず
(2011年6月30日午前2時02分)
 事故や病気で失われた組織や細胞の機能を回復させる再生医療の分野で、人工多能性幹細胞(iPS細胞)を経ず、マウスの皮膚細胞から肝臓細胞を直接作製することに九州大(福岡市)の鈴木淳史准教授らが成功し、29日付で英科学誌ネイチャー電子版に発表した。
 未分化の細胞ががんになるリスクが指摘されているiPS細胞を経ず、特定の細胞から別の細胞を作製する手法は「ダイレクト・リプログラミング」と呼ばれ、これまで神経細胞や心筋細胞などの作製が報告されている。肝臓細胞は中国の研究チームが作製しているが、日本では初めて。
 鈴木准教授は「人間でも同様の細胞を作製できれば、移植や人工肝臓への応用が期待できる」と話した。
 鈴木准教授らは、マウスの皮膚細胞に、肝臓細胞特有の二つの遺伝子を導入。約1カ月培養したところ、0・3%が肝臓細胞とよく似た特徴を持つ細胞へ変化した。肝機能不全のマウスにこの細胞を移植すると、肝臓組織が再生し、致死率を大幅に低減できたという。
 皮膚細胞などに特定の遺伝子を導入して作られるiPS細胞は、神経や筋肉、血液などさまざまな組織や細胞になる能力を持つが、不完全な細胞ががんになる恐れが指摘されている。

関連記事

  1. 2017.08.17

    五山の送り火