Naka lab

CiRA, Kyoto Univ.

メニュー

毛生え薬!?

成長因子のひとつであるPDGFが発毛に効果があることが分かったようです。毛生え薬のターゲットになるかもしれません。

***ニュースより***
体に毛を生えさせるスイッチを入れる物質を、米エール大学の研究チームがマウスを使った実験で発見した。
 人間の毛髪にも同じ仕組みがあると考えられ、脱毛症治療などへの応用が期待される。
 動物の毛は、毛の元になる「幹細胞」が分裂や変化を繰り返すことで生える。だが、幹細胞が何をきっかけに変化を始めるのかは、わかっていなかった。
 研究チームは、毛根の周りにある「脂肪前駆細胞」に注目。その数を調べたところ、毛が成長する直前に増えていた。脂肪前駆細胞ができないようにマウスの遺伝子を操作すると、毛は成長しなかった。
 さらに脂肪前駆細胞の働きを調べた結果、この細胞が「PDGF」というたんぱく質を作り、PDGFが毛の幹細胞に作用して毛が生え始めることがわかった。

関連記事