Naka lab

CiRA, Kyoto Univ.

メニュー

iPS細胞を用いた細胞治療につながれば

日本の企業のディナベック社も一緒にやった仕事のようです。iPS細胞からの体細胞の分化誘導、遺伝子修復(変換)技術、そして細胞移植治療のそれぞれの更なるレベルアップを期待したいです。

***以下、ニュースより***
肝臓・肺疾患の遺伝子修復=患者iPSで技術開発―日欧チーム

 肝硬変や肺気腫を起こす遺伝性疾患の患者の皮膚細胞から万能細胞「人工多能性幹細胞(iPS細胞)」を作り、原因遺伝子を修復した上で肝臓の細胞に変え、マウスの肝臓に移植して正常に機能することを確認したと、英ウェルカムトラスト・サンガー研究所などの日欧研究チームが13日、英科学誌ネイチャー電子版に発表した。

 この疾患は「アルファ1アンチトリプシン欠損症」と呼ばれ、北欧の白人で約2000人に1人と多く、根本的治療法は肝臓移植しかない。同研究所の遊佐宏介博士らは、原因遺伝子だけ修復してDNAの他の部分を傷つけない方法で安全性を高め、既存の遺伝子治療法より効率が良い技術を実現した。単一遺伝子が原因で起きる遺伝性疾患に幅広く応用できる可能性があると期待される。

関連記事

  1. 2013.11.01

    Human naive PSCs !?