Naka lab

CiRA, Kyoto Univ.

メニュー

キメラ猿

霊長類のアカゲザルを使ってキメラの作製に成功したとのことです。ESやiPS細胞技術が応用できると幅が広がりそうです。

***ニュースより***
6匹の「親」持つサル誕生 数種の受精卵を1つに
体細胞クローン技術応用

 体細胞クローン技術を応用して、6匹の“親”から遺伝情報を受け継いだアカゲザルを誕生させることに、米オレゴン健康科学大のチームが成功し、6日までに米科学誌セル電子版に発表した。

最大で6匹の親から遺伝情報を受け継ぎ誕生したアカゲザル(米オレゴン健康科学大提供)=共同
 異なる遺伝情報の細胞が混ざった生物は「キメラ」と呼ばれ、マウスでは広くつくられているが、サルでは初めてという。

 チームは、細胞分裂を始めた直後のサルの受精卵(胚)を数種類集めて接合、一つの受精卵が育ったのと同じような状態をつくることに成功。その上で母ザルの子宮に着床させたところ、3匹の子ザルが生まれた。いずれも異常は見られず健康で、最大で6種類の遺伝情報の細胞がモザイクのように混ざっていた。

 チームの研究者は「異なる親に由来する細胞が、それぞれ協調して働き器官や臓器を形成している。受精卵からつくる胚性幹細胞(ES細胞)や再生医療の研究に役立つ成果だ」としている。

関連記事