Naka lab

CiRA, Kyoto Univ.

メニュー

フィーダー細胞を用いない効率的なヒトiPS細胞の培養法の開発

ラミニン(iMatrix-511、ニッピ)と新たに開発した動物由来成分を含まない培地(StemFit、味の素)を用いて、フィーダー細胞を使わず、 ヒト iPS 細胞の樹立と効率的な培養方法を開発しました。得られた iPS 細胞は各種細胞へと分化する能力 を持っていました。

 ヒトの iPS/ES 細胞を再生医療の現場において多くの患者さんに利用して頂けるようになるためには、動物由来の物質を含まず、安定して生産するために極力工程数が少ない簡単な方法でiPS細胞を樹立・維持培養することが望まれます。しかし、これまでの方法では、iPS/ES 細胞を培養するた めに、培地中には血清などの動物由来の成分が多数含まれており、またフィーダー細胞を使うこ とで作業工程が多くなっていました。

今回我々はフィーダー細胞の代わりに、関口清俊教授ら(大阪大学蛋白質研 究所)が開発したリコンビナントラミニン-511 E8断片を使い、味の素社と開発した動物由来 の成分が含まれていない(Xf: xeno-free)培地“StemFit”でヒト iPS/ES 細胞を維持培養できることを見出 しました。この方法を用いると、ヒトの iPS/ES 細胞は容易に扱うことができ、染色体に異常なく 長期間にわたって安定して継代培養することができます。

ヒトの皮膚や血液の細胞からフィーダー細胞を使わず(Ff: Feeder-free)、StemFitで作製した iPS 細胞は、免疫不全マウスに移植するとテラトーマの形成が観察され、三胚葉に分化する能力を確認できました。また、ここで作製した iPS 細胞はドーパミン産生細胞や インスリン産生細胞、血液細胞へと分化させる事ができました。

本方法は操作が容易で、フィーダー細胞を準備する必要もないことから、臨床応用に向けたiPS細胞の調製方法のひとつとしてiPS細胞プロジェクトにての活用が期待されます。また、これまでiPS細胞を扱ったことがない研究者の方々にも活用されることが期待されます。今後、本方法を用いた成果が生まれ、実績が積まれていくことを期待しています。

下記論文より詳細なプロトコールをCiRAホームページからダウンロードしていただけます。また、CiRAホームページからも情報をご覧いただけます。

StemFit培地は現在のところ正式販売はされておりませんが、ご試用を希望の方には無償サンプルをお出しすることができまのでご連絡ださい。

連絡先:nakagawa-g @ cira.kyoto-u.ac.jp(@の前後のスペースを削除してください)

Masato Nakagawa , Yukimasa Taniguchi , Sho Senda , Nanako Takizawa , Tomoko Ichisaka , Kanako Asano, Asuka Morizane, Daisuke Doi, Jun Takahashi, Masatoshi Nishizawa, Yoshinori Yoshida, Taro Toyoda, Kenji Osafune, Kiyotoshi Sekiguchi, and Shinya Yamanaka

A novel efficient feeder-free culture system for the derivation of human induced pluripotent stem cells

SCIENTIFIC REPORTS | 4 : 3594 | DOI: 10.1038/ srep03594 | 2014 |

論文はこちらからもご覧いただけます。

関連記事