Naka lab

CiRA, Kyoto Univ.

メニュー

2016年始動

明けましておめでとうございます。

本年もグループ一同精いっぱい努力をして成果を出していきたいと思っております。今後とも変わらぬご指導よろしくお願いいたします。

2016年も山中所長の新年のご挨拶からCiRAが始動しました。今回のお話でのキーワードは「感謝と謙虚」を大切にし、「傲慢と不満」は不要のものとせよ、ということでした(だったと個人的に理解しました)。我々は大変恵まれた環境で研究を行っているわけですので、それに甘んじることなく努力しなければなりません。年末の北京大学でも同じような刺激を受けましたので、今回のお話はいつも以上に心に深く刺さった気がします。

関連記事