Naka lab

CiRA, Kyoto Univ.

メニュー

[共同研究成果] 「培養細胞の観察の基本原則」の提案

細胞の観察は、細胞を良い状態で培養するために重要な作業であるが、どのようにするべきかということがなんとなく共通概念として存在していた程度である。この論文では初心者から熟練者まで細胞の観察の基本を学ぶことができ、標準的な細胞の観察が行えるようになると期待している。

総説
「培養細胞の観察の基本原則」の提案
 
 

2018 年 37 巻 2 号 p. 123-131

https://doi.org/10.11418/jtca.37.123

抄録

近年、細胞培養に関連する技術の急速な開発に伴い、創薬研究、再生医療への応用など、細胞培養が貢献する分野が拡大している。培養細胞を利用する上において重要な点の一つとして、適切な状態の細胞を用いることが挙げられる。そのためには、使用する細胞の状態を把握することが重要である。その手段として、生きている細胞を非侵襲的に観察できる倒立位相差顕微鏡が汎用されている。倒立位相差顕微鏡による観察から得られるのは形態情報や細胞密度のみではあるものの、その観察は培養細胞を用いた実験の信頼性と再現性を担保するために有用な手段である。生きている細胞の観察の手法には様々な留意点がある。そこで、細胞培養の観察における基本概念を共有すべきと考え、「細胞培養の観察の基本原則」案を作成した。本基本原則案は、顕微鏡観察に先立つ細胞の目視、低倍率・高倍率での倒立位相差顕微鏡観察、観察のタイミング、適切な記録と保存などに関して7条項から構成されている。この基本原則の概念が共有され、細胞培養技術を用いた研究の信頼性が向上することを期待する。

関連記事

  1. 2011.06.30

    肝臓直接分化
  2. 2011.10.06

    クローンES?

Calendar

2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30