Naka lab

CiRA, Kyoto Univ.

メニュー

Advanced Courses+, Scientific Conferencesに参加しました

昨年の話になりますが、イギリスのWellcome Genome Campus(Hinxton, UK)で開催されたトレーニングコース「Derivation and Culture of Human Induced Pluripotent Stem Cells (hiPSCs), 10 – 14 December 2018」に行ってきました。本コースのディレクターはGlyn Stacey博士(International Stem Cell Banking Initiative, UK)でした。

敷地内の宿泊施設からの景色。ここが研究施設なのかと思うくらいのどかでした。→の先の建物が本コースの受付になっていました。

私のミッションはコース初日のイブニングセミナーで最新のiPS細胞の樹立・維持培養法についてレクチャーを行うことでした。

受付で担当の人と会い、少し離れた会場まで農道のような道を通っていきました。建物の中は非常におしゃれな空間となっていて、外とのギャップが面白かったです。

こんな感じの道がずっと走っています。

レクチャー終了後は多くの質問をしてもらうことができました。経験者も多かったようで、かなり突っ込んだ質問もチラホラありました。我々が使っているiPS細胞の樹立・維持培養法は国外ではまだまだ認知度が低いので、今回のような機会は大変有意義でした。

その後は、他の場所でいくつかセミナーをして帰国しました。

CRMでセミナーをしました。到着したときに施設内のネットワークトラブルがありプロジェクターのコントロールができず焦りましたが、直前に復帰しました。
ここは病院のビルの高層階に位置するところにラボがあり、その窓からはロンドン市内が一望できる素晴らしいロケーションでした。
イギリスでの最終宿泊はHoliday Inn Express London Heathrow T4でした。設備はミニマムでしたが快適に過ごせました。空港までは徒歩+地下鉄ですんなりと行けました。

関連記事

  1. 2011.05.14

    iPS細胞の課題

Calendar

2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30