Naka lab

CiRA, Kyoto Univ.

メニュー

[共同研究成果] 総説「多能性幹細胞培養の留意点」の提案

総説「多能性幹細胞培養の留意点」の提案

Good Cell Culture Practice検討のためのワーキンググループ青井 貴之, 浅香 勲, 阿久津 英憲, 伊藤 弓弦, 片岡 健, 諫田 泰成, 小島 肇, 関野 祐子, 末盛 博文, 中川 誠人, 中村 和昭, 中村 幸夫, 藤井 万紀子, 古江-楠田 美保, 山崎 大樹

組織培養研究

Online ISSN : 1881-3704
Print ISSN : 0912-3636
ISSN-L : 0912-3636

2019 年 38 巻 3 号 p. 135-143

DOI: https://doi.org/10.11418/jtca.38.135

抄録

近年、ヒト胚性幹(ES)細胞やヒト人工多能性幹(iPS)細胞等のヒト多能性幹細胞は、基礎研究のみならず、創薬研究、再生医療への応用など、広い分野でその利用が期待されている。それに伴い、培養資材の供給など研究環境が整備され、ヒト多能性幹細胞の培養が容易に実施可能な状況となり、利用者が増加している。一方で研究者・作業者間において、技術とその背景となる基本概念の共有と、研究結果の再現性の担保が課題である。ヒト多能性幹細胞は従来利用されてきた体性細胞とは異なる点が多く、培養経験者であっても留意すべき点が多い。そこで、ヒト多能性幹細胞が有効に活用されることを期待し、「多能性幹細胞培養の留意点」案を作成した。本留意点案は、ヒト多能性幹細胞の使用開始にあたり確認すべき内容を、7項目(法令・指針と同意・MTA、多能性幹細胞の多様性、培養資材、解凍作業、培地交換と継代作業、凍結操作、培養管理)にまとめた。この留意点の概念が多能性幹細胞の細胞培養を行う研究者・作業者により共有され、日本の細胞培養技術が上進し、多能性幹細胞を用いた研究の利用と信頼性が向上することを期待する。

関連記事

  1. 2016.01.04

    2016年始動
  2. 2011.06.24

    唾液年齢!?

Calendar

2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031