Naka lab

CiRA, Kyoto Univ.

メニュー

肝臓がんゲノム解読される!

国立がん研究センター研究所や東京大などの研究チームが肝臓がん細胞の全遺伝情報(ゲノム)を世界で初めて解読しました。対象は、日本人の肝臓がん患者の8割を占めるC型肝炎ウイルス(HCV)感染による肝臓がんです。論文は米科学誌ネイチャー・ジェネティクス電子版に掲載。

がん細胞ですのでゲノムの異常は豊富でしょうが、その中でも本当にがんと結びつく異常が明らかになることを期待します。

関連記事