Naka lab

CiRA, Kyoto Univ.

メニュー

分化誘導剤:ロイヤラクチン

富山県立大工学部生物工学科の鎌倉講師が、ミツバチの幼虫を女王バチに分化させるたんぱく質をローヤルゼリーから発見し、ネイチャー電子版に論文が掲載された(25日付)。幼虫の時期にロイヤラクチンまたはその他の蛋白質を与えて育てたミツバチ比較した結果、ロイヤラクチンを与えたものだけが女王バチに分化したそうです。ロイヤラクチンそのものも気になりますが、投与することで起こる体内(細胞レベル)の変化も面白そうです。

関連記事