三成 寿作

特定准教授
専門:研究ガバナンス、研究倫理
Jusaku Minari, PhD
Uehiro Associate Professor
Uehiro Research Division for iPS Cell of Ethics Center for iPS Cell Research and Application(CiRA)

iPS細胞研究やゲノム研究といった先端生命科学の領域では、研究開発が著しく進んでいます。しかしながら、研究の実用化にむけては、科学の研究だけでなく、その社会的影響の検討にも取り組んでいく必要があります。私たちは、社会的視点にも配慮しながら、先端生命科学のもたらす恩恵を社会に届けられるように努めていきたいと考えています。またこの過程では、国内外を問わず、様々な方々と議論しながら、意見や考えの多様性や広がりを大事にしていきたいと思います。
一緒に研究してみたい、もしくは研究員として働きたい、等のご希望がありましたら、こちらまでご連絡ください。jusaku.minari*cira.kyoto-u.ac.jp(*を@に換えて送信してください)

略歴

2005年 北九州市立大学国際環境工学部卒業
2006年 北九州市立大学大学院国際環境工学研究科 博士前期課程 短期修了
2010年 北九州市立大学大学院国際環境工学研究科 博士後期課程 修了
2010年 京都大学人文科学研究所 博士研究員
2013年 大阪大学大学院医学系研究科医の倫理と公共政策学教室 助教
2015年 日本医療研究開発機構バイオバンク事業部基盤研究課 課長代理
2016年 大阪大学大学院医学系研究科医の倫理と公共政策学教室 助教
2017年 京都大学iPS細胞研究所上廣倫理研究部門 特定准教授

主な研究成果

論文

  1. Y. Hishiyama, J. Minari and N Suganuma. The survey of public perception and general knowledge of genomic research and medicine in Japan conducted by the Japan Agency for Medical Research and Development. Journal of Human Genetics. Vol. 64, pp 397–407, 2019.
  2. 三成寿作「ゲノム医療の実現化をめぐる政策的・倫理的・社会的対応」BIO Clinica, Vol. 33, pp 63-66, 2018 .
  3. 三成寿作「ゲノム医療」『バイオエシックス:その継承と発展』丸山マサ美編. 川嶋書店. pp 123-142, 2018.
  4. J. Minari, K. B. Brothers and M. Morrison. Tensions in ethics and policy created by National Precision Medicine Programs. Human Genomics (Opinion Article), 12:22, 2018.
  5. 三成寿作, 加藤治, 櫻井美佳, 齋藤あき「AMEDにおけるゲノム医療実現に向けた新たなアプローチ:データシェアリングポリシーの策定とその舞台裏」遺伝子医学MOOK, Vol. 33, pp 168-172, 2018.
  6. J. Kaye, S. F. Terry, E. Juengst, S. Coy, J. R. Harris, D. Chalmers, E. S. Dove, I. Budin-Ljosne, C. Adebamowo, E. Ogbe, L. Bezuidenhout, M. Morrison, J. T. Minion, M. J. Murtagh, J. Minari, H. Teare, R. Isasi, K. Kato, E. Rial-Sebbag, P. Marshall, B. Koenig and A. Cambon-Thomsen. Including all voices in international data-sharing governance. Human Genomics (Opinion Article), 12:13, 2018.
  7. 三成寿作「『しま』から学ぶ:継承性, 連帯性, 創造性(しまと科学技術, そしてアートを考える)」季刊「しま」(日本離島センター), Vol. 253, pp 56-59, 2018.
  8. 三成寿作, 吉澤剛「ゲノム情報にかかる医科学研究の倫理政策と市民関与」医療・生命と倫理・社会, Vol. 14, pp 52-60, 2017.
  9. V. Coathup, H. Teare, J. Minari, G. Yoshizawa, J. Kaye, M. Takahashi and K. Kato. Using digital technologies to engage with medical research: views of myotonic dystrophy patients in Japan. BMC Medical Ethics, 17:51, 2016.
  10. D. Chalmers, D. Nicol, J. Kaye, J. Bell, A. V. Campbell, C. W. Ho, K. Kato, J. Minari, C. H. Ho, C. Mitchell, F. Molnár-Gábor, M. Otlowski, D. Thiel, S. M. Fullerton and T. Whitton. Has the biobank bubble burst? Withstanding the challenges for sustainable biobanking in the digital era. BMC Medical Ethics (Review), 17:39, 2016.
  11. 三成寿作「パーソナルゲノム時代の解析データの共有:データ公開・共有方針と倫理的対応」医療・生命と倫理・社会, Vol. 12, pp 105-114, 2015.
  12. J. Minari, H. Teare, C. Mitchell, J. Kaye and K. Kato. The emerging need for family-centric initiatives for obtaining consent in personal genome research. Genome Medicine (Comment), 6:118, 2014.
  13. J. Minari, D. Chalmers and K. Kato. Return of genetic research results: the Japanese experience and its implications for the international debate. SCRIPTed (Analysis), Vol. 11, pp 180-192, 2014.
  14. G. Yoshizawa, C. W. Ho, W. Zhu, C. Hu, Y. Syukriani, I. Lee, H. Kim, D. F. Tsai, J. Minari and K. Kato. ELSI practices in genomic research in East Asia: implications for research collaboration and public participation. Genome Medicine (Review), 6:39, 2014.
  15. J. Minari, T. Shirai and K. Kato. Ethical considerations of research policy for personal genome analysis: the approach of the Genome Science Project in Japan. Life Sciences, Society and Policy, 10:4, 2014.
  16. 三成寿作, 加藤和人「パーソナルゲノム時代の研究ガバナンス」 医薬ジャーナル, Vol. 50, pp 55-58, 2014.