Naka lab

CiRA, Kyoto Univ.

メニュー

iPS細胞の種?Muse細胞

Muse細胞がiPS細胞の種ではないか!?という論文が出るようです(まだアップされていませんでした)。Muse細胞の存在率とiPS細胞の樹立効率がどうなっているかなど確認したいと思います。あるニュースではMuse細胞を使うと0.03%で樹立できたとありましたが、ポイントになりそうです。

===以下、ニュースより===
さまざまな細胞に変化できる「万能性」を持つiPS細胞(新型万能細胞)を人間の皮膚から作製する際、ごくわずかに混じっている特定の細胞だけがiPS細胞になることを、東北大学の出澤(でざわ)真理教授らが突きとめた。
この細胞は、もともと万能性を備えている。そのため、特殊な遺伝子を外部から組み込むことで細胞が万能性を獲得するという、山中伸弥・京都大学教授らの従来説を覆す可能性がある。成果は米科学アカデミー紀要に31日、発表する。
出澤教授らの研究チームは昨年、山中教授らが作製法を開発したiPS細胞などと同様の万能性を持つ細胞が、皮膚などにもともと含まれていることを発見し、「ミューズ細胞」と名付けた。
ミューズ細胞は、皮膚や筋肉などさまざまな細胞に変化させることができるが、そのままでは十分に増殖しない。そこで、山中教授らがiPS細胞の作製に使った4種類の遺伝子(山中4因子)をミューズ細胞に組み込んだところ、細胞増殖に関わる遺伝子の働きが増し、山中教授らが最初に作り出したiPS細胞と同じものができた。ミューズ細胞以外では、遺伝子を組み込んでもiPS細胞にはならなかった。

===以下、別ニュースより===
体のあらゆる臓器や組織になるとされ、再生医療などへの応用が期待される「iPS細胞」は、皮膚などにわずかに含まれる特定の細胞からしかできないとする研究結果を、東北大学などのグループが発表しました。iPS細胞は、体のさまざまな細胞から出来ると考えられていることから、今後、議論を呼びそうです。

この研究は、東北大学の出澤真理教授らが31日発行のアメリカの雑誌のオンライン版に発表しました。研究グループでは、これまで皮膚などにさまざまな臓器や組織に変化する細胞がわずかに含まれることを見つけ、「Muse細胞」と名付けています。今回、このMuse細胞と世界的に研究が進むiPS細胞との関連について検討しました。ヒトの皮膚の細胞をMuse細胞とそれ以外の細胞に分け、それぞれにiPS細胞を作り出すのに必要な遺伝子を加えた結果、Muse細胞からiPS細胞に変化したのは通常の30倍の効率の0.03%に達したのに対し、Muse細胞以外では逆にまったくできなかったということです。こうしたことから研究グループでは、iPS細胞はMuse細胞からしか出来ないと結論づけています。今回の研究について出澤教授は「iPS細胞が出来る仕組みの解明にもつながる」と話しています。iPS細胞は、体のさまざまな細胞から出来ると考えられていることから、今回の発表は今後、議論を呼びそうです。

関連記事

  1. 2011.06.24

    唾液年齢!?
  2. 2011.10.01

    やる気