趣旨

本講演会は、当部門外から幹細胞研究や生命・医療倫理学などに造詣の深い方を招聘し、専門的な知見の獲得や相互の意見交換を目的として開催いたします。

開催予定

現在予定している講演会はありません。

開催日 演者 発表題目
     

 

過去の講演会
開催日 演者 発表題目
2020年
1月23日
Jon F. Merz(the University of Pennsylvania) Waivers of informed consent for research: a legal and historical review and consideration of emerging practice
2019年
1月17日
長岡徹郎(京都大学) 西田哲学における生命論
12月6日 荒川裕司(CiRA) 再生医療等製品における条件・期限付き承認制度の背景と運用について
7月30日 森芳周(阪南大学) 死亡胎児の研究利用に関する倫理的課題の規制のあり方
6月10日 ジョナサン・キメルマン(カナダ マギル大学) Risk, benefit, and ethics in early phase trials of novel therapies
5月27日 笹井雅夫(大阪大学) 自由診療下で提供される細胞治療の現状と課題
5月27日 井上郁(京都府立医科大学) 再生医療等安全確保法の実行性と展望
4月19日 グレッグ・ボグナー(スウェーデン ストックホルム大学)

If it looks like a sheep, then it’s a sheep: Sources of confusion in bioethical arguments

2018年
12月14日
アーサー・カプラン(ニューヨーク大学 ランゴーン医療センター医療倫理部門)

The ethics of compassionate use and the ‘right’ to try unapproved drugs / コンパッショネート・ユースと試す‘権利’に関する倫理

10月31日 楠瀬まゆみ(理化学研究所) EU一般保護規制の現状と課題~GDPR英米調査報告~
7月4日 木村利人(早稲田大学/Georgetown University) ヒトを対象とする生命医科学研究の倫理ガイドラインーそのルーツとBioethicsの国際的展開ー
6月1日 田代志門(国立がん研究センター) 臨床研究法と再生医療

5月25日

島薗洋介(大阪大学) 臓器移植の倫理―医療人類学的な視点から