藤田 みさお

Misao Fujita, MS, MPH, PhD
部門長 / 特定教授
専門:医療倫理学、臨床心理学

高等研究院ヒト生物学高等研究拠点(ASHBi)
兼任特定教授
ASHBiホームページ

ご挨拶

iPS細胞は日本発の世界に誇れる先端的な生命科学技術です。その臨床応用に向けて、関連しうる倫理的・法的・社会的課題 (Ethical Legal Social Issues: ELSI) を研究し、成果を国際的に発信していくことは、日本の研究者に課された責務だと考えています。これまで身につけてきた生命・医療倫理学の知識や調査スキル、臨床経験等を総動員し、上廣倫理研究部門をiPS細胞に関するELSI研究の拠点として育てていくことに努める所存です。

略歴

1992年 筑波大学第二学群人間学類 卒業
1995年 米国アイダホ大学大学院 臨床心理学専攻 修士課程修了
1995年 帯津三敬病院 臨床心理士
2003年 京都大学大学院医学研究科 社会健康医学系専攻 修士課程修了
2004年 東京大学大学院医学系研究科 生命・医療倫理人材養成ユニット 特任研究員
2006年 京都大学大学院医学研究科 社会健康医学系専攻 博士課程修了
2008年 東京大学大学院医学系研究科 医療倫理学分野 特任助教
2009年 東京大学大学院医学系研究科 医療倫理学分野 助教
2013年 京都大学iPS細胞研究所 上廣倫理研究部門 特定准教授
2018年 京都大学iPS細胞研究所 上廣倫理研究部門 特定教授
             京都大学高等研究院 ヒト生物学高等研究拠点 特定教授(兼任)

役職等

[政府・国際機関]
2018年 International Bioethics Committee, UNESCO Member(~現在)
2018年 日本ユネスコ国内委員会 委員(~現在)
2017年 内閣府総合科学技術・イノベーション会議生命倫理専門調査会 委員(~現在)
2017年 内閣府「ヒト胚の取扱いに関する基本的考え方」見直し等に係る
       タスク・フォース 構成員(~現在)
2017年 国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)
       核心的先端研究開発支援事業インキュベートタイプ(LEAP)
       課題評価委員会 委員(~2020年3月)

[学会]
2017年 日本生命倫理学会 評議員/理事(~現在)
2016年 International Society for Stem Cell Research,
       Ethics Committee, Member(~現在)

[倫理委員会]
2018年 京都大学CiRA動物実験委員会 委員(~2020年5月)
2018年 ゲノム研究バイオバンク事業 アドバイザリーボード 委員(~現在)
2018年 滋賀医科大学臨床研究倫理審査委員会 委員(~2020年3月)
2018年 京都民医連中央病院倫理委員会 委員(~2020年3月)
2017年 京都大学CiRA倫理委員会 委員(~現在)
2017年 京都大学ウイルス・再生医科学研究所及びiPS細胞研究所合同医の倫理委員会 委員
2017年 京都大学ウイルス・再生医科学研究所医の倫理委員(~2018年3月)
2017年 滋賀医科大学倫理審査委員会 委員(~2020年3月)
2015年 岡山大学特定認定再生医療等委員会 委員(~2019年3月)
2015年 京都大学CiRA iPS細胞ストックの使用に関する審査委員会委員(~2018年3月)
2013年 京都大学ウイルス・再生医科学研究所 物質-細胞統合システム拠点及び
       iPS細胞研究所合同医の倫理委員会委員(~2017年3月)

[非常勤講師]
2018年 東京大学医学部(~現在)

[その他]
2019年 Task Force to Update the ISSCR Guidelines, Working Group, Member(~現在)
2015年 第29回日本医学会総会2015関西 医学史展 ワーキンググループメンバー
2013年 混合研究法国際シンポジウム 実行委員会メンバー

主な研究成果

論文

  1. Ide K, Koshiba H, Hawke P, Fujita M. Guidelines are urgently needed for the use of preprints as a source of information. J Epidemiol. 2020, in press. DOI: 10.2188/jea.JE20200506.
  2. Crane AT, Shen FX, Brown JL, Cormack W, Ruiz-Estevez M, Voth JP, Sawai T, Hatta T, Fujita M, Low WC. The American public is ready to accept human-animal chimera research. Stem Cell Reports. 2020. DOI: 10.1016/j.stemcr.2020.08.018.

  3. Sawai T, Minakawa T, Pugh J, Akatsuka K, Yamashita JK, Fujita M. The moral status of human embryo‐like structures: potentiality matters?. EMBO Reports. 2020; 20(8): 32-36. DOI: 10.1080/15265161.2020.1782524.
  4. Sawai T, Sakaguchi H,Thomas E, Takahashi J, Fujita M. The ethics of cerebral organoid research: Being conscious of consciousness. Stem Cell Reports 13(3): 440-447. DOI: 10.1016/j.stemcr.2019.08.003.
  5. Ozeki-Hayashi R, Fujita M, Tsuchiya A, Hatta T, Nakazawa E, Takimoto Y, Akabayashi A. Beliefs held by breast surgeons that impact the treatment decision process for advanced breast cancer patients: a qualitative study. Breast Cancer: Targets and Therapy. 2019; 11: 221-229. DOI: https://doi.org/10.2147/BCTT.S208910.
  6. Sawai T, Hatta T, Fujita M. Japan significantly relaxes its human-animal chimeric embryo research regulations. Cell Stem Cell 24 (4): 513-514. DOI: 10.1016/j.stem.2019.03.015.
  7. Fujita M, Keiichi Tabuchi. A rebuttal to Akabayashi and colleagues’ criticisms of the iPSC stock project. Journal of Medical Ethics. 2019; DOI: 10.1136/medethics-2018-105248.
  8. 澤井努, 藤田みさお オルガノイド研究の倫理的課題. 特集オルガノイド再生医学-ミニ臓器を作る挑戦と応用の可能性-. 医学のあゆみ. 2018: 264(8): 679-684.
  9. 藤田みさお.臨床倫理学―事実と価値判断の区別という観点から―.心身医学 2017: 57: 1040-1045.
  10. Sawai T, Hatta T, Fujita M. The Japanese generally accept human-animal chimeric embryo research but are concerned about human cells contributing to brain and gametes. Stem Cells Translational Medicine. 2017; DOI: 10.1002/sctm.17-0128.
  11. Sawai, T., Hatta, T., and Fujita M. 2017. “Public attitudes in Japan towards human-animal chimeric embryo research using human induced pluripotent stem cells.” Regenerative Medicine, DOI: 10.2217/rme-2016-0171.
  12. Takashima K, Takimoto Y, Nakazawa E, Hayashi Y, Tsuchiya A, Fujita M, Akabayashi A. Discovery and informing study participants of incidental findings detected in brain magnetic resonance imaging studies: review and multi-institutional study. Brain and Behavior. 2017; DOI: 10.1002/brb3.676.
  13. Sawai T, Fujita M. The Problem of Dual Use in Relation to Decoded Neurofeedback. AJOB Neuroscience. 2016; 7(4): W4-W5. DOI: 10.1080/21507740.2016.1244126.
  14. Kashihara H, Nakayama T, Hatta T, Takahashi N, Fujita M. Evaluating the quality of website information on private-practice clinics offering cell therapies in Japan. interactive Journal of Medical Research. 2016; 5(2):e15. DOI: 10.2196/ijmr.5479
  15. Fujita M, Hatta T, Reina O, Akabayashi A. The current status of clinics providing private practice cell therapy in Japan. Regenerative Medicine 2016;11(1):23-32.
  16. Takahashi S, Fujita M, Akabayashi A. “Mottainai” embryos and the earthquake. J Clin Res Bioeth. 2015;7:258
  17. Ikka T, Fujita M, Yashiro Y, Ikegaya H. Recent Court Ruling in Japan Exemplifies Another Layer of Regulation for Regenerative Therapy. Cell Stem Cell 2015; 17(5): 507-508.
  18. 一家綱邦,八代嘉美,藤田みさお,池谷博.再生医療を実施する自由診療クリニックに対する民事訴訟.日本医事新法 2015;4766:14-16.
  19. Fujita M, Hatta T, Sawai T, Takahashi J. Risk of Tumorigenesis and Patient Hope. AJOB Neuroscience 2015; 6: 69-70.
  20. Fujita M, Hayashi Y, Tashiro S, Takashima K, Nakazawa E, Akabayashi A. Handling incidental findings in neuroimaging research in Japan: current state of research facilities and attitudes of investigators and the general population. Health Research Policy and Systems 2014; 12: 58.
  21. 及川正範,藤田みさお,赤林朗.包括同意の諸要件とその倫理的背景―同意取得のあり方に関する一考察―.生命倫理 2014;25:235-243.
  22. Fujita M, Yashiro Y, Suzuki M. Throwing the baby out with the bathwater: a critique of Sparrow’s inclusive definition of the term ‘in vitro eugenics.’ J Med Ethics. 2013 Aug 28.
  23. 田中美穂,児玉聡,藤田みさお,赤林朗.イングランドの小児緩和ケアに関する法政策・統計データ・資金体制・提供される医療の現状.日本公衆衛生雑誌 2013; 8: 462-470.
  24. 藤田みさお.生命・医療倫理の基礎.心身医学 2012: 52: 1117-1123.
  25. 藤田みさお,赤林朗.臨床における倫理問題への取り組み.日本内科学会2012; 101: 2059-2064.
  26. Takahashi S, Fujita M, Fujimoto A, Fujiwara T, Yano T, Tsutsumi O, Taketani Y, Akabayashi A. The decision-making process for the fate of frozen embryos by Japanese infertile women: a qualitative study. BMC Medical Ethics 2012; 13: 9.
  27. 藤田みさお,赤林朗.日本における幹細胞治療の現状と問題.日本医事新報 2011; 4562: 27-31.
  28. 藤田みさお.倫理的側面からみた糖尿病看護の実践と研究 倫理的側面から見た糖尿病看護の実践.日本糖尿病教育・看護学会誌 2011; 15: 81-83.
  29. Fujita M, Matsui K, Monden M, Akabayashi A. Attitudes of medical professionals and transplant facilities toward living donor liver transplantation in Japan. Transplantation Proceedings 2010; 42: 1453-9.
  30. Fujita M, Slingsby BT, Akabayashi A. Transplant tourism from Japan. American Journal of Bioethics 2010; 10(2): 24-6.
  31. 中田亜希子,藤田みさお,児玉聡,大屋博道,水野能文,赤林朗.医薬情報担当者(MR)の継続教育における倫理教育に関する現状調査.医薬品情報学 2010; 12: 61-68.

著書等

  1. 藤田みさお.(山中伸弥監修・上廣倫理研究部門編)上廣倫理研究部門における研究活動と展望. 科学知と人文知の接点 iPS細胞研究の倫理的課題を考える. 科学知と人文知の接点. 弘文堂; 2017: 147-167.
  2. 土屋敦, 八田太一, 藤田みさお(監訳).(チャールズ・テッドリー, アッバス・タシャコリ著)混合研究法の基礎- 社会・行動科学の量的・質的アプローチの統合- . 西村書店; 2017.
  3. 藤田みさお(浅井篤, 大北全俊編).海外で移植を受けなければ我が子は助からないが、我が子を救うことは外国の子の生命を奪うことにつながりうる、という親の気持ちや葛藤を倫理面から考察してみよう――臓器移植と二者択一.少子超高齢社会の「幸福」と「正義」倫理的に考える「医療の論点」.日本看護協会出版会; 2016: 89-104.
  4. Akabayashi A, Fujita M. The present and future of stem cell therapy in Japan. In: Uehiro T (ed). Ethics for the Future of Life, 9-19. Oxford Uehiro Center for Practical Ethics; 2013.
  5. 藤田みさお.「利益相反」.In:新版『医療倫理Q&A』編集委員会編.新版『医療倫理Q&A』太陽出版;2013.
  6. 藤田みさお.脳画像を用いた研究における偶発的所見の取り扱いに対する研究者の見解と施設の実態.In:赤林朗編.『脳科学研究と倫理 資料集(2010年度)』.46-61.東京大学;2011.