八田 太一

Taichi Hatta, PhD
特定助教
専門:混合研究法、研究方法論

これまで臨床倫理学に関心を持ちながら、がん医療のインフォームド・コンセント観察研究に取り組んできました。そこには、様々な思いを抱く患者さんと適切に治療技術を使いこなそうと努力する医療者による個別的なやりとりが繰り広げられ、治療技術への多様な意味づけがありました。iPS細胞に関わる倫理を建設的な議論の俎上に乗せるための調査研究に取り組んでいきます。

略歴

2004年 早稲田大学教育学部理学科生物学専修 卒業
2006年 京都大学大学院医学研究科 医科学専攻 修了(医科学修士)
2010年 京都大学大学院医学研究科 医学専攻 単位満了退学
2010年 京都大学医学部附属病院 探索医療センター 教務補佐員
2013年 京都大学医学部附属病院 臨床研究総合センター 教務補佐員
2014年 京都大学iPS細胞研究所 上廣倫理研究部門 特定研究員
2018年 京都大学iPS細胞研究所 上廣倫理研究部門 特定助教

主な研究成果

論文

  1. Ozeki-Hayashi R, Fujita M, Tsuchiya A, Hatta T, Nakazawa E, Takimoto Y, Akabayashi A. Beliefs held by breast surgeons that impact the treatment decision process for advanced breast cancer patients: a qualitative study. Breast Cancer: Targets and Therapy. 2019; 11: 221-229. DOI: https://doi.org/10.2147/BCTT.S208910.
  2. Sawai T, Hatta T, Fujita M. Japan significantly relaxes its human-animal chimeric embryo research regulations. Cell Stem Cell 24 (4): 513-514; DOI: 10.1016/j.stem.2019.03.015.
  3. Hatta T, Narita K, Yanagihara K, Ishiguro H, Murayama T, Yokode M. Crossover Mixed Analysis in a Convergent Mixed Methods Design Used to Investigate Clinical Dialogues About Cancer Treatment in the Japanese Context. Journal of Mixed Methods Research. 2018; DOI: 10.1177/1558689818792793.
  4. 成田慶一, 八田太一, 平尾和之, 三田村仰, 山愛恵, 横出正之. Affective Neuroscience Personality Scale日本語版の信頼性および妥当性の検討: 感情神経科学に基づいたパーソナリティへのアプローチ. 臨床心理学. 2017: 17(5): 691-702.
  5. Sawai T, Hatta T, Fujita M. The Japanese generally accept human-animal chimeric embryo research but are concerned about human cells contributing to brain and gametes. Stem Cells Translational Medicine. 2017; DOI: 10.1002/sctm.17-0128.
  6. Sawai T, Hatta T, Fujita M. Public attitudes in Japan towards human-animal chimeric embryo research using human induced pluripotent stem cells. Regenerative Medicine, 2017; DOI: 10.2217/rme-2016-0171.
  7. 八田太一. 研究の意味 社会的価値, 学術的意義, 個人的意味. 看護研究. 2016, Vol.49, no.7, pp.541-546.
  8. Kashihara H, Nakayama T, Hatta T, Takahashi N, Fujita M. Evaluating the quality of website information on private-practice clinics offering cell therapies in Japan. interactive Journal of Medical Research. 2016; 5(2):e15. DOI: 10.2196/ijmr.5479.
  9. Hatta T, Narita K, Yanagihara K, Ishiguro H, Murayama T, Yokode M. Measuring motivation for medical treatment: confirming the factor structure of the Achievement Motivation Index for Medical Treatment (AMI-MeT). BMC Medical Informatics and Decision Making. 2016; 16: 22. DOI 10.1186/s12911-016-0260-0.
  10. Fujita M, Hatta T, Reina O, Akabayashi A. The current status of clinics providing private practice cell therapy in Japan. Regenerative Medicine. 2016; 11(1): 23-32. DOI: 10.2217/rme.15.64.
  11. 八田太一.混合研究法が作る未来-第一回日本混合研究法学会学術大会より:混合研究法をめぐる議論からみえてくるもの.看護研究.2016; 49(1): 37-44.
  12. Fujita M, Hatta T, Sawai T, Takahashi J. Risk of Tumorigenesis and Patient Hope. AJOB Neuroscience. 2015; 6(1): 69-70.
  13. Ito-Ihara T, Hong JH, Kim OJ, Sumi E, Kim SY, Tanaka S, Narita K, Hatta T, Choi EK, Choi KJ, Miyagawa T, Minami M, Murayama T, Yokode M. An international survey of physicians regarding clinical trials: a comparison between Kyoto University Hospital and Seoul National University Hospital. BMC Med Res Methodol. 2013; 13(1): 130. DOI: 10.1186/1471-2288-13-130.
  14. Hatta T, Murayama T, Narita K, Sumi E, Yokode M. Trend Analysis of Informed Consent Research in Clinical Trials: Comprehensive Retrieval via Electronic Databases. Japanese Journal of Clinical Pharmacology and Therapeutics. 2011; 42(1): 21-25.
  15. 八田太一, 成田 慶一, 柳原 一広, 石黒 洋, 岸本 寛史, 林 晶子, et al. 医療に関する達成動機尺度の開発~がん医療インフォームド・コンセントの観察研究にむけて~. 心身医学. 2011; 51(1), 73-79.

書籍(分担執筆)

  1. 土屋敦, 八田太一, 藤田みさお(監訳).(チャールズ・テッドリー, アッバス・タシャコリ著)混合研究法の基礎- 社会・行動科学の量的・質的アプローチの統合- . 西村書店; 2017.
  2. 八田太一. 混合研究法を用いた包摂的科学への移行(R・B・ジョンソン).In:日本混合研究法学会監修.『混合研究法への誘い―質的・量的研究を統合する新しい実践研究アプローチ』. p.76-84. 遠見書房;2016.
  3. 八田太一. 社会科学から健康科学へ混合研究法が拡張するにつれて(J・W・クレスウェル).In:日本混合研究法学会監修.『混合研究法への誘い―質的・量的研究を統合する新しい実践研究アプローチ』. p.94-105. 遠見書房;2016.
  4. 八田太一. 混合研究法をめぐる議論からみえてくるもの(1)(B・F・クラブトリー,抱井尚子,亀井智子).In:日本混合研究法学会監修.『混合研究法への誘い―質的・量的研究を統合する新しい実践研究アプローチ』. p.106-113. 遠見書房;2016.
  5. 八田太一. 混合研究法をめぐる議論からみえてくるもの(2)(R・B・ジョンソン,P・ベイズリー,J・W・クレスウェル).In:日本混合研究法学会監修.『混合研究法への誘い―質的・量的研究を統合する新しい実践研究アプローチ』. p.114-126. 遠見書房;2016.

研究発表

  1. Hatta T. & Fujita M. Preliminary Analysis of the Current Status of Stem Cell Therapy and its Experimental Use in Japan. ISSCR 2018 Annual Meeting, Melbourne, Australia. 2018.
  2. Hatta T., Sawai T., & Fujita M. Attitudes toward the creation and use of human induced pluripotent stem cell-derived gametes: a survey of the general population in Japan. ISSCR 2017 Annual Meeting, Boston, MA, USA. 2017.
  3. Sawai T., Hatta T., & Fujita M. Expectations and concerns regarding the creation and use of human induced pluripotent stem cell-derived gametes: a survey of the general population in Japan. ISSCR 2017 Annual Meeting, Boston, MA, USA. 2017.
  4. Sawai T, Hatta T, Fujita M. Acceptability of Human-animal Chimeric Embryo Research Using Human induced pluripotent stem cells: A survey among the public and researchers. ISSCR 2016 Annual Meeting, San Francisco, CA, USA. June 24, 2016.
  5. Hatta T, Sawai T, Fujita M. Humanized animals harboring human brain neurons and Germ Cells: A Survey among The Public and researchers. ISSCR 2016 Annual Meeting, San Francisco, CA, USA. June 22, 2016.
  6. Hatta T, Narita K, Yokode M. Observing Changes in Physician-Patient Interaction During Japanese Informed Consent Consultations. 21st Qualitative Health Research (QHR) Conference, Toronto, ON, Canada. October 20, 2015.
  7. Hatta T, Narita K, Yokode M. Explorong a mixed-methods design with analytic-holistic thinking: observation of participants during Japanese informed consent consultation. MMIRA Asia Regional Conference 2015, Osaka, September 20, 2015.
  8. Fujita M, Hatta T. The State of Japanese Clinis that Offer Untested Cell Therapies. 17th ASBH Annual Meeting, Houston, TX, USA. October 22, 2015.
  9. Kashihara H, Nakayama T, Hatta T, Fujita M. Website Information Ouality of Private Clinics Offering Unapproved Regenerative Therapy/Stem Cell Therapy in Japan. 17th ASBH Annual Meeting, Houston, TX, USA. October 22, 2015.
  10. Fujita M, Hatta T. The Current State of Experimental Cell Therapy and New Laws in Japan. Uehiro-Carnegie-Oxford Ethics Conference. Kyoto, Japan. August 28, 2014.
  11. Hatta T, Narita K, Yokode M. Focusing on Temporal Sequence in Qualitative Analysis of Mixed Methods. 1st Annual MMIRA Conference. Boston College, Massachusetts, USA. June 26, 2014.
  12. 八田太一. 細胞治療を提供する自由診療クリニックのWebサイト:探索的調査結果と規制の動向. 第16回日本再生医療学会総会. 仙台国際センター. 仙台. 2017年3月7日.
  13. 八田太一.日本で提供されている幹細胞治療の特徴-海外のウェブサイト調査との比較-.第15回日本再生医療学会総会.大阪国際会議場.大阪.2016年3月17日.
  14. 若宮翔子,八田太一,藤田みさお,荒牧英治.ソーシャルメディアを用いたiPS・再生医療に関する話題調査.第8回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(第14回日本データベース学会年次大会).ヒルトン福岡シーホーク.福岡.2016年3月1日.
  15. 八田太一.国内自由診療下で提供されている幹細胞治療の特徴-海外との比較-.第27回日本生命倫理学会年次大会.千葉大学いのはなキャンパス.千葉.2015年11月28日.
  16. 八田太一.医療に関する動機づけ尺度の再検討.日本心理学会第79回大会.名古屋国際会議場.名古屋.2015年9月24日.
  17. 八田太一, 藤田みさお.再生医療新法の対象となる細胞治療とリスク分類:自由診療クリニックWebの調査より.日本臨床試験学会第6回学術集会総会.日本教育会館一ツ橋ホール.東京.2015年2月20日(ポスター発表)
  18. 八田太一. がん医療で患者さんが医師に伝えること. 京都大学アカデミックデイ2013. 京都大学百周年時計台記念館.京都. 2013年12月21日.
  19. 八田太一, 成田 慶一, 石黒 洋, 柳原 一広, 横出 正之. 外来化学療法研修中の修練医に生じた視座の変容プロセス~インフォームド・コンセント観察研究より~.第26回日本サイコオンコロジー学会. 大阪国際交流センター. 大阪.2013年9月20日.
  20. 八田太一, 成田 慶一, 村山 敏典, 横出 正之. “Informed Consent”と『インフォームド・コンセント』~歴史的変遷から浮かび上がるねじれの構造~ 第3回 日本臨床試験研究会.福岡国際会議場.福岡.2012年2月23日【優秀演題受賞】
  21. 八田太一. 外来化学療法におけるインフォームド・コンセントの観察研究. 第18回ヘルスリサーチフォーラム.千代田放送会館.東京.2011年11月5日

その他

IC観察研究に関連した研究成果は下記サイトでも公表しております。
http://www.kuhp.kyoto-u.ac.jp/~rinsho/more-ic/index.html