鈴木 美香

Mika Suzuki
特定研究員
専門:研究倫理学、生命倫理学

先端研究であればあるほど、外部からは詳細がわからなくなります。そこでは『研究者自身』の行動が問われることになり、研究者はどのような考えで、どう行動するのかを、社会に対して提示し、それを守って実験する必要があります。人を対象に研究するからには、それ相応の体制が必要です。体制をきちんと整えてこそ、社会との信頼が築けると考えます。これまでの経験と臨床研究専門職としての知識とスキルを生かし、研究者と協働し、研究の実施体制、支援体制づくりに貢献したいと思っています。

略歴

1998年 弘前大学理学部生物学科(分子生物学専攻) 卒業
1998年 理化学研究所入所
2008年 京都大学大学院医学研究科 社会健康医学系専攻(臨床研究コーディネータコース)
         専門職学位課程修了(社会健康医学修士、臨床研究専門職)
2013年 京都大学iPS細胞研究所 上廣倫理研究部門 特定研究員

主な研究成果

論文

  1. Suzuki M, Sato K. Description and Evaluation of the Research Ethics Review Process in Japan: Proposed Measures for Improvement. Journal of Empirical Research on Human Research Ethics. 2016; 11(3): 256-266. DOI: 10.1177/15562646|6660644.
  2. 神里彩子, 岩江荘介, 飯島祥彦, 會澤久仁子, 鈴木美香, 武藤香織. 「研究倫理支援」に関する実態調査-現状把握と概念整理に向けて―. 生命倫理 2015; 62(7): 325-334.
  3. Fujita M, Yashiro Y, Suzuki M. Throwing the baby out with the bathwater: a critique of Sparrow’s inclusive definition of the term ‘in vitro eugenics.’ J Med Ethics. 2013 Aug 28.
  4. 鈴木美香, 佐藤恵子. 研究倫理審査員会の現状と改善策の提案-ある施設における臨床研究を対象とした平成18年度の審査過程の調査及び委員、申請者の意識調査より-. 臨床薬理 41(3): 113-124, 2010.

著書

  1. 佐藤恵子, 鈴木美香. 「小冊子『幹細胞研究ってなんだ』」第2版. 2016(2014年第1版発行)
  2. 鈴木美香. ゲノム医科学と社会. ゲノム医科学ネットワーク委員会・統合ゲノム社会との接点委員会編. クバプロ出版. 2006.