未来を、みんなと、考える。

2007年、世界で初めて「ヒトiPS細胞」がつくられ、
私たちの前に新しい可能性がひらかれました。

そこから世界の科学者たちの手によって、
再生医療や創薬への応用をはじめ、
一歩ずつ幹細胞研究が進められてきました。

その一方で、私たちがこれまで直面したことのないような
新しい問題も次々と浮かび上がってきています。

たとえば、移植用の臓器をほかの動物の体内で育てたり、
脳を人工的につくりあげたり、
自分たちの細胞からつくった配偶子によって
同性のカップルが子どもを授かることも
可能になるかもしれない。

でも、できるからといって、
本当にそれをしていいのだろうか。

技術そのものは、その問いに対する答えを示してくれません。
しかし私たち人間は、考え、話し合うことで、
科学が生み出した技術に、意味や意志を
もたせることができます。

上廣倫理研究部門は、上廣倫理財団の寄附により、
2013年4月1日に京都大学iPS細胞研究所に開設されました。

私たちの研究活動は常に、
社会の動きと密接に関わっています。
iPS細胞技術や再生医療について
今まさに起こっている問題、これから起こり得る問題を
一つひとつ浮かび上がらせ、
世界へ向けて発信しています。

そして、その問題への対応にあたって、
多様な人々の考えや意見を大切にし、
ゆたかな選択肢を提示できるように努めています。

人と科学が、より良い未来へ進んでいくために、
私たちはこれからも「倫理」の研究と実践を重ね、
その成果を広く社会へ還元していきます。