自家iPS細胞移植臨床試験に関する倫理審査委員会の議事録分析に対する批判へのレターが「Future Medicine」に掲載されました

高嶋研究員による、2018年にRegenerative Medicine(RM)誌に掲載された自家iPS細胞移植臨床試験に関する倫理審査委員会の議事録分析を行ったコメンタリー1)への批判2)に対するレターが、2019年8月22日(英国時間)、RM誌(online)に掲載されました。本レターでは、2018年コメンタリーへの3つの批判(研究と治療との誤解を招く事への懸念、倫理審査委員会の役割と助言について、日本政府によるstatementに関する記載内容)に対して返答するとともに、2018年コメンタリーの内容に関する補足を行いました。

 

原論文情報
論文名:Letter in reply to: ‘therapeutic misconception and the role of the Research Ethics Committee’
著 者:Kayo Takashima, Yusuke Inoue, Shimon Tashiro & Kaori Muto
掲載誌:Regenerative Medicine
https://doi.org/10.2217/rme-2019-0041

 

Reference
1)Takashima K, Inoue Y, Tashiro S, Muto K. Lessons for reviewing clinical trials using induced pluripotent stem cells: examining the case of a first-in-human trial for age-related macular degeneration. Regen. Med. 13(2), 123–128 (2018).

2)Akira Akabayashi, Letter to the editor: therapeutic misconception and the role of the Research Ethics Committee. Regen. Med. 14(8) (2019)