9月の活動報告

研究業績

論文
藤田みさお. 治療との誤解-臨床試験に参加する患者の心理-.CBEL Reports. 2021; 4(1): 64-72.

著書
澤井努. 命をどこまで操作してよいか 応用倫理学講義.慶應義塾大学出版会.2021.

研究発表
国内学会等
[口頭発表]
澤井努.応用倫理学における西田哲学の可能性.第80回日本宗教学会学術大会.2021年9月8日.(web)

その他
[口頭発表]
Akatsuka K. Genome editing on human embryos for research purposes: Comparison of the survey results on the attitudes of researchers and the general public in Japan. Progress Seminar, CiRA, September 30, 2021. (web)

Fujita M. Ethics of human brain organoid research from the perspective of social science surveys. Progress Seminar, CiRA, September 9, 2021. (web)

 

教育・講演活動

招待講演等

三成寿作
2021年9月24日
国立国会図書館
科学技術に関する調査プロジェクト2021シンポジウム
ゲノム編集技術―最前線で生じつつある課題と展望―
『ゲノム編集技術をめぐる規制等について』
(web)

三成寿作
2021年9月8日
静岡市立静岡病院
令和3年度臨床研究倫理セミナー
『人を対象とする生命科学・医学系研究に関する倫理指針について』
(web)

三成寿作
2021年9月6日~10日
京都大学
高大連携事業サマープログラム2021
『生命科学と社会との間』
(web)

高嶋佳代
2021年9月3日
静岡県立静岡がんセンター臨床研究支援センター
第6回臨床研究研修会
『研究倫理とCRCの役割』
(web)

 

マスコミ記事等

その他記事
September 9, 2021. Cérébroïdes:sont-ils conscients? SCIENCE & VIE.