未来を、みんなと、考える。

iPS細胞という、世界にこれまでなかった技術。

その研究が進もうとするとき、
世界がこれまで経験したことのない問題が次々と浮かび上がってきます。

こうした問題をみんなで考え、人と科学が、より良い道を歩んでいくために。

上廣倫理研究部門は、誰もがiPS細胞と倫理、未来とのつながりにふれられるような、
社会にひらかれた研究に取り組んでいます。

コラムCOLUMN

倫理の窓から見た iPS細胞

CiRAが3ヶ月に1回発行しているニュースレターに、当部門の研究者が交代でコラムを掲載しています。多様なバックグラウンドを持つ研究者が、科学の分野や社会で取り上げられている最新のテーマを取り上げ、この分野になじみのない方にもiPS細胞に関わる倫理的課題を身近に感じていただけるよう、話題を提供しています。

一 覧

臨床研究と患者・市民参画(Patient and Public Involvement, PPI)

高嶋 佳代 研究員
CiRAニュースレターVol.41
2020年4月14日発行
最近、将来の治療に向けて患者さんたちの想いや経験を役立てる新たな取り組みに注目が集まっています。これは患者・市民参画(PPI)と呼ばれるもので、研究の計画立案からその結果を社会に届ける一連の流れにおいて、患者や市民の経験値を反映していく活動を意味します。

インフォームド・コンセントの起源に触れる

八田 太一 助教
CiRAニュースレターVol.40
2020年1月30日発行
新しい薬や治療法の開発では、安全性と有効性を確かめるために人間を対象にした臨床試験が行われています。臨床試験を実施する際には、医師や研究者は試験の参加者に十分な説明を行い、参加者による自発的な同意が必須とされます。

いかに社会的合意形成に向けた議論を進めていくのか

赤塚 京子 研究員
CiRAニュースレターVol.39
2019年10月28日発行
新たな科学技術や医療技術が登場したり、それらに関して何らかの事件が発生したりする度に、新聞やテレビで有識者の見解を目にします。様々な見解が述べられる中で、「社会全体で議論するのが望ましい」、「専門家だけでなく、一般の人を交えて話し合うべきだ」という意見は多くの有識者に共通している印象を受けます。

新着情報NEWS

メンバーMEMBER

藤田グループ

藤田 みさお

部門長 / 特定教授
専門:
医療倫理学、臨床心理学
三成グループ

三成 寿作

特定准教授
専門:
研究ガバナンス、研究倫理
藤田グループ

八田 太一

特定助教
専門:
混合研究法、研究方法論
藤田グループ

澤井 努

特定助教
専門:
生命倫理学、宗教学、哲学
藤田グループ

井出 和希

特定助教
専門:
社会医学、疫学、政策科学、応用倫理学
藤田グループ

鈴木 美香

特定研究員
専門:
研究倫理学、生命倫理学
藤田グループ

赤塚 京子

特定研究員
専門:
生命倫理学
三成グループ

高嶋 佳代

特定研究員
専門:
医療倫理、研究倫理、看護
藤田グループ

及川 正範

特定研究員
専門:
生命倫理学
藤田グループ

奥井 剛

特定研究員
専門:
政治哲学、生命倫理学
Top