11月の講演・講義(活動報告)

研究業績

研究発表 
1. 国際学会等
口頭発表
Suzuki M. Guidance and policy: Research governance of heritable genome editing research rooted in salient value sharing. Global Forum on  bioethics in Research. Singapore, SGP, November 12, 2019.

ポスター発表
Takashima K. Ensuring reasonable accommodation regarding the informed consent process with visually impaired patients. Toronto 2019 ISSCR International Symposium, Toronto, CAN, November 7, 2019.

2. 国内学会等
口頭発表
三成寿作.ゲノム情報の科学的・社会的含意に関する整理と検討.第18回科学技術社会論学会年次研究大会. 科学技術社会論学会.金沢工業大学.金沢.2019年11月10日.

 

教育・講演活動

招待講演等
藤田みさお
2019年11月22日
慶応義塾大学大学院「SMO等を対象とした臨床研究倫理等に関する教育講座」
『再生医療の倫理:有効性・安全性が確立されていない再生医療とその実施の可否』

2019年11月5日
国立長寿医療研究センター 治験・臨床研究推進センター
CRDセミナー「高齢者倫理セミナー第14回」
『治療との誤解-臨床試験に参加する患者さんの心理-』

澤井努
2019年11月6日
東京理科大学大学院「科学・研究と倫理」
『幹細胞研究の倫理』

2019年11月6日
東京大学「東京生命・医療倫理研究会」
『脳オルガノイドの倫理的課題』

鈴木美香
2019年11月16日
京都府がん患者団体等連絡協議会「がんサロン・ピアサポーター養成講座第2回」
『本当のインフォームド・コンセント』

高嶋佳代
2019年11月27日
順天堂大学医学部附属順天堂医院 臨床研究・治験センター「臨床研究研修会」
『英国における倫理審査体制の集約化と質保証の取り組み』