CiRAについて
About CiRA

CiRAについて
About CiRA

Home › CiRAについて › iPS細胞研究基金 › ご支援のお願い

iPS細胞研究基金 
iPS Cell Research Fund

ご支援のお願い



京都大学 教授
iPS細胞研究所 所長

京都大学 教授
iPS細胞研究所 所長

整形外科研修医として治療をしていた頃に治療法がなく苦しみ続ける多くの患者さんに出会い、病気の原因を解明して治療法を開発したいと考えて基礎研究者の道を選びました。

そして、多くの同僚、学生、技術スタッフの協力を得てiPS細胞の樹立に成功し、2012年にはノーベル生理学・医学賞を受賞することができました。

iPS細胞の研究はこの数年間で劇的に進展していますが、その医療応用は、まだ道半ばです。

研究の進展・拡大に伴って、公的資金源ではカバーしにくい、研究者・研究支援者の安定的雇用のための資金や特許に関する係争、災害による備蓄細胞の損失といった様々なリスクに対応するための資金が不足しています。

このiPS細胞技術を患者さんのもとに届け、多くの難病や怪我を治療できるようになるまでには、まだまだ皆様のご支援が必要です。

iPS細胞研究基金への温かいご支援を賜りますよう、心からお願い申し上げます。

寄付金の使途

・知的財産(特許)の確保と維持
・優秀な研究者、研究支援者の確保
・安定的な研究の推進
・医療応用に向けた研究費としての支出

寄付者の声

ぼくは今11歳です。…
私の母は57歳で亡くなりましたが…
「お金持ちだったらなあ」と思うことがあります
4年前の9月にMRI で髄膜腫が発見され…
go top