iPS細胞研究基金
iPS Cell Research Fund

iPS細胞研究基金
iPS Cell Research Fund

Home › iPS細胞研究基金 › 税控除について

税控除について 
Tax Deductibility

国立大学法人京都大学iPS細胞研究所へのご寄付は、法人税法、所得税法による税制上の優遇措置が受けられます。

ご寄付の入金確認後、京都大学から「寄附金領収証書」を発行しますので、そちらを添えて所轄税務署に確定申告してください。

確定申告の詳しいお手続きにつきましては、お住いの地域の税務署にご相談ください。

個人の場合

所得税

所得税法第78条第2項第2号により、2千円を超える部分について、総所得金額などの40%を限度に所得控除対象となります。寄付金の領収書を添えて確定申告によりお手続きください。

住民税

京都府、京都市、大阪府、滋賀県在住の方は、住民税について、2千円を超え総所得金額の30%までの寄付金額に対して、府民税は税率4%、市民税は税率6%を乗じた額が控除されます。寄付金の領収書を添えて確定申告によりお手続きください。

相続税

遺贈(遺言によるご寄付)された財産および、相続税の申告期限までに相続人が寄付された財産は、非課税となる税制上の優遇措置が認められています。

法人の場合

法人税法第37条第3項第2号により、寄付金の全額を損金算入することができます。

米国・香港在住の方

Give2Asiaを通じて寄付をされた方は、「U.S. TAX DEDUCTIBILITY OVERVIEW」をご覧ください。


※「寄附金領収証書」の発行に約1ヶ月を要します。
誠に申し訳ございませんが、ご理解いただけますようお願い申し上げます。

※iPS細胞研究基金へのご寄付につきましては、確定申告の際「寄付金控除証明書」の提出は不要なため、
発行しておりません。

※詳細は京都大学基金の「税制上の優遇措置」のページをご覧ください。

go top