CiRAについて
About CiRA

CiRAについて
About CiRA

Home › CiRAについて › シンボルマーク

シンボルマーク 
Logo

シンボルマーク

原案: CiRA教員 中川 誠人 講師
制作: グラフィックデザイナー 奥村 昭夫 氏


デザインコンセプト

iPS細胞研究所(Center for iPS Cell Research and Application)の頭文字「CiRA(サイラ)」から人(ヒト)を形作り、研究所の理念である「人の役に立つ研究と理想的な再生医療を実現する」ことを表現しています。
また、シンボルマークに使用されている「青・緑・赤、そして重なり部分の黒」の4色は、世界で初めてiPS細胞を誘導した時に使った4遺伝子をイメージするとともに、「患者・研究者・臨床医、そしてiPS細胞の関わり」を表現しています。

制定までの経緯

CiRA教員の 中川 誠人 講師による原案と、グラフィックデザイナーの 奥村 昭夫 氏とのコラボレーションから生まれました。

奥村昭夫氏プロフィール

グラフィックデザイナー / 京都大学 学術情報メディアセンター 客員教授
ロート製薬・ディアモール大阪シンボルマーク、グリコCI、グリコ・月桂冠・田辺製薬・牛乳石鹸・近鉄百貨店パッケージ等のデザインを手掛ける。


<著書>

「デザイン発見」六耀社、「干支の本」アムズアーツプレス、「奥村昭夫的平面設計」「奥村昭夫的包装設計」「奥村昭夫的VI設計」広西美術出版社


<コレクション>

N.Y.近代美術館、ミュンヘン国立装飾美術館 等


<受賞>

サントリー奨励賞、朝日広告賞、香港グラフィックデザイン賞、ニューヨークADC賞、ニューヨークTDCジャッジズチョイス 等


<ウェブサイト>

www.okumura-akio.com

go top