研究活動
Research Activities

研究活動
Research Activities

Home › 研究活動 › プロトコール

プロトコール
Protocols on iPS cells

iPS細胞についてのプロトコール

CiRAはiPS細胞の発祥の地である京都大学に創設された研究所として、国内外の研究コミュニティーに対してiPS細胞の培養や誘導についての情報提供や研究支援を積極的に行ってまいります。順次、関連情報を公開してまいります。


マウスiPS細胞
≪Fbx15-iPS細胞およびNanog-iPS細胞の樹立方法≫
Fbx15-iPS細胞およびNanog-iPS細胞の樹立方法

以下の論文をごらんいただきますようお願いいたします。

Induction of pluripotent stem cells from fibroblast cultures Nature Protocols 2,
3081 - 3089 (01 Nov., 2007)

≪薬剤選択なし、またはMycを含まない3因子でのiPS細胞の樹立方法≫
薬剤選択なし、またはMycを含まない3因子でのiPS細胞の樹立方法

上記論文と合わせて、こちら(PDF: Ver.2)をご覧下さい。|更新:2008年7月17日

≪プラスミドを用いたマウスiPS細胞の樹立方法≫
プラスミドを用いたマウスiPS細胞の樹立方法

以下の論文をごらんいただきますようお願いいたします。

Generation of mouse-induced pluripotent stem cells with plasmid vectors, Nature Protocols(VOL.4 NO.12 2009)


ヒトiPS細胞
≪フィーダーフリーでのヒトiPS細胞の樹立および維持培養≫
フィーダーフリーでのヒトiPS細胞の樹立および維持培養
≪エピソーマルベクターを用いた末梢血からのiPS細胞樹立方法≫
エピソーマルベクターを用いた末梢血からのiPS細胞樹立方法
≪エピソーマルベクターを用いたヒトiPS細胞樹立方法≫
エピソーマルベクターを用いたヒトiPS細胞樹立方法
≪ヒトiPS細胞樹立プロトコール≫
ヒトiPS細胞樹立プロトコール
≪ヒトiPS細胞樹立・培養・保存方法および多能性の評価方法≫

以下の論文をごらんいただきますようお願いいたします。

Generation and Characterization of Human Induced Pluripotent Stem Cells
Mari Ohnuki, Kazutoshi Takahashi and Shinya Yamanaka Current Protocols in Stem Cell Biology June, 2009


参考書籍
≪改定培養細胞実験ハンドブック-基本から最新の幹細胞培養法まで完全網羅!- 羊土社≫

2004年初版の「培養細胞実験ハンドブック」の改訂版で、iPS細胞の作製方法やES細胞の分化誘導など、基礎から最新の細胞培養技術についてまで解説されています。同書の第8 章「幹細胞培養~再生医療の実現を目指して」では、iPS 細胞の樹立方法について、ヒトiPS細胞とマウスiPS細胞の樹立方法の違いを比較しながら分かりやすく解説されています。

go top