CiRAについて
About CiRA

CiRAについて
About CiRA

Home › CiRAについて › 設立趣旨・沿革

設立趣旨・沿革 
Mission and History

iPS細胞研究所(CiRA)とは

名称 京都大学iPS細胞研究所
英名 Center for iPS Cell Research and Application, Kyoto University
略称 CiRA(サイラ)
設置日 2010年4月1日設置記者会見の様子

理念

  1. 世界初のiPS細胞に特化した先駆的な中核研究機関としての役割を果たす。
  2. iPS細胞の可能性を追求し、基礎研究に留まらず応用研究まで推進することにより、再生医療の実現に貢献する。
  3. 再生医科学研究所、物質‐細胞統合システム拠点(iCeMS)、医学研究科、医学部附属病院と密接に連携しながら、共同研究の奨励と若手研究者の交流・育成に努める。

沿革

2008.1 iPS細胞研究センター設立(物質ー細胞統合システム拠点内)
2009.4 iPS細胞研究基金を創設
2010.2 研究棟竣工
2010.4 iPS細胞研究所に改組
2013.4 上廣倫理研究部門開設
2015.3 第二研究棟竣工
go top