研究活動
Research Activities

研究活動
Research Activities

Home › 研究活動 › 主任研究者 › 中畑 龍俊 教授

主任研究者
Principal Investigator

臨床応用研究部門 中畑 龍俊 教授

中畑 龍俊 M.D., Ph.D

中畑研究室ホームページ

中畑研究室ブログ

■ 連絡先
nakahata-g*cira.kyoto-u.ac.jp
お手数ですがメール送信の際*を@に変えてください。

研究概要

当研究室では、齋藤潤講師のグループと共同で様々な遺伝的疾患を持つ患者からiPS細胞を樹立する研究を行っています。主な研究対象疾患は、血液・免疫疾患(先天性免疫不全、シュワックマン症候群やファンコーニ貧血など)、デュシェンヌ型筋ジストロフィー、代謝性蓄積症、小児難治性神経疾患などなどです。患者由来のiPS細胞は、既定の遺伝的病因をもつ疾患について、細胞レベルで病態を解明する上で有用です。なお、疾患特異的iPS細胞は、未知の遺伝的病因を持つ患者から様々な体細胞を得ることにより、細胞間の相互作用や、多様な疾患の病因形成に影響を及ぼす環境因子について理解するうえで手掛かりとなるでしょう。また、薬剤の安全性の検証や、新しい治療薬の探索にも有用です。安全性が確保されれば、患者由来のiPS細胞は、遺伝子治療との組み合わせで患者固別の細胞移植治療を提供し得ると考えられます。
血球系細胞を分化させ、評価するための分化系も開発しています。iPS細胞から中胚葉・造血前駆細胞を経て様々な血球を生み出す系を開発していますが、将来的には造血幹細胞のiPS細胞からの分化系の開発を行い、疾患解析や臨床応用に向けた研究を推進したいと考えております。

go top