論文解説

論文発表:絶滅危惧種キタシロサイの保護方法についての検討

キタシロサイは絶滅危惧種に指定されており、地球上にわずか3頭のみが確認されています。iPS細胞を始めとした幹細 […]


論文発表:AidはiPS細胞誘導に不要だった

iPS細胞誘導に必要なDNA脱メチル化を担う候補因子の検討 DNAの脱メチル化を引き起こす候補因子の一つである […]


ヒト血液細胞からウイルスベクターを用いずに効率よくiPS細胞を作製する方法を開発

An Efficient Non-viral Method to Generate Integration-F […]


iPS細胞に対する免疫拒絶の研究結果に対する見解を掲載

iPS細胞から目的の組織の細胞を作製し、細胞移植による再生医療などへの応用が期待されています。2011年5月に […]


iPS細胞誘導の初期に発現するECAT11

マウスES細胞は、高い増殖能力と様々な細胞に分化できる多能性を併せ持っており、iPS細胞と性質の多くが共通して […]


遺伝子挿入のないヒトiPS細胞のより簡便な樹立法の開発

ヒトの皮膚にある線維芽細胞などに4つの遺伝子(OCT3/4, SOX2、KLF4およびC-MYC)を導入するこ […]


マウスiPS細胞の誕生

我々はES細胞で特異的に発現する遺伝子Fbx15のレポーターを持つ線維芽細胞に、4つの遺伝子(Oct3/4, […]