研究概要

生体分子や生命システムを「人工的に創り出す」作業を通じて生命を理解し、新しいテクノロジーを誘発しようとするSynthetic Biology (シンセティック・バイオロジー) 分野の研究が世界的に定着しつつあります 。細胞の機能を自在に制御する人工生体分子を創成すること、及びそれらを検査や医療に応用することは、この新分野の研究目標の一つです。当研究室では、生体内で多彩な機能を担うRNA やRNA-タンパク質複合体(RNP)を人工的に分子設計(molecular design)・実験進化 (experimental evolution)させる独自のSynthetic Biology技術を活用し、標的細胞の機能や運命を自在に制御できる新技術を開発します。また、そのような新技術の開発とともに、「生命とは何か?」「細胞の構築原理とは?」という生命システムの進化・創出を理解するための根源的な問いに、実験的アプローチで迫ることを目指します。具体的には、以下のような研究課題に取り組みます。

  • 人工RNA/RNPを活用した安全性及び純度の高い、iPS細胞から標的細胞への精密・動的な分化誘導技術の開発
  • 特定のタンパク質発現を検知し、目的遺伝子の翻訳をON/OFF制御できる人工RNPスイッチの開発
  • 標的細胞を特異的に認識・検出・制御する多機能性RNPナノ構造体の開発