研究活動
Research Activities

研究活動
Research Activities

Home › 研究活動 › 主任研究者 › 井上 治久 教授

主任研究者
Principal Investigator

増殖分化機構研究部門 井上 治久 教授

井上 治久 M.D., Ph.D

井上研究室ホームページ

医学研究科・医学部ウェブサイト

研究概要

私達はこれまでALSやアルツハイマー病などの患者さんのiPS細胞を用いて、難治性神経疾患に対する創薬基盤開発・移植治療開発・高精度医療開発を目的とした研究を進めてきました。今後、幹細胞技術を利用することによって、ヒトの中枢神経系の理解、病態の解明、そして最終的には臨床への還元を目指します。すなわち"From bedside to dish" and "from dish to bedside"が研究テーマです。

筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者さんからのiPS細胞

筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者さんからのiPS細胞

ALS運動ニューロン内の封入体
筋萎縮性側索硬化症(ALS)運動ニューロン内の封入体
(写真提供:和歌山県立医科大学 神経内科学教室 伊東秀文博士)

ALS運動ニューロン内の封入体
筋萎縮性側索硬化症(ALS)運動ニューロン内の封入体
(写真提供:和歌山県立医科大学 神経内科学教室 伊東秀文博士)

筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者さんからのiPS細胞
ALS患者からのiPS細胞
ALS運動ニューロン内の封入体
筋萎縮性側索硬化症(ALS)運動ニューロン内の封入体
(写真提供:和歌山県立医科大学 神経内科学教室 伊東秀文博士)
ALS患者の運動ニューロン内の封入体
go top