研究活動
Research Activities

研究活動
Research Activities

Home › 研究活動 › 主任研究者 › 髙橋 淳 教授

主任研究者
Principal Investigator

臨床応用研究部門 髙橋 淳 教授

髙橋 淳 M.D., Ph.D

髙橋研究室ホームページ

■ 連絡先
takahashi-g*cira.kyoto-u.ac.jp
お手数ですがメール送信の際*を@に変えてください。

研究概要

我々は、神経難病に対するiPS細胞を用いた細胞移植療法の開発を目指しています。なかでも胎児中脳黒質細胞移植によって臨床経験が蓄積されその効果や問題点が明らかになっているパーキンソン病が主な対象疾患です。これまでES細胞を用いてドーパミン産生神経の誘導、細胞移植によるモデル動物の神経症状改善に関する研究を行ってきました。その中で、カニクイザルES細胞およびサルパーキンソン病モデルにおいてもドーパミン産生神経を誘導して移植することにより神経機能改善が可能であることや、分化誘導後に神経系細胞のみを選別して移植することによって腫瘍形成が抑えられることなどを明らかにしてきました。ES細胞やiPS細胞を用いた細胞移植療法を臨床応用するにあたって①動物因子を含まない神経誘導、②腫瘍形成抑制のための細胞選別、③移植時における細胞死抑制や移植後の免疫抑制、④長期効果と安全性確認のための評価系の確立など検討すべき点が多々あり、現在はこれらをひとつひとつ解決しています。すでにヒトES細胞からのドーパミン産生神経誘導やカニクイザルモデルへの移植、行動解析や画像解析を行っていますので、今後はヒトiPS細胞からの神経誘導条件の至適化、霊長類モデルでの安全性確認をまず行いたいと思います。

ヒトiPS細胞からのドーパミン産生神経誘導と霊長類モデルへの移植

ヒトiPS細胞からのドーパミン産生神経誘導と霊長類モデルへの移植
ヒトiPS細胞から誘導したドーパミン産生神経細胞
赤色:tyrosine hydroxylase陽性。
緑色:全般的神経マーカーであるTuj-1の陽性細胞。

ヒトiPS細胞から誘導したドーパミン産生神経細胞
赤色:tyrosine hydroxylase陽性。
緑色:全般的神経マーカーであるTuj-1の陽性細胞。

ヒトiPS細胞から誘導したドーパミン産生神経細胞
赤色:tyrosine hydroxylase陽性。
緑色:全般的神経マーカーであるTuj-1の陽性細胞。
ヒトiPS細胞から誘導したドーパミン産生神経細胞
go top