研究活動
Research Activities

研究活動
Research Activities

Home › 研究活動 › 主任研究者 › 山中 伸弥 教授

主任研究者
Principal Investigator

未来生命科学開拓部門 山中 伸弥 教授

山中 伸弥 M.D., Ph.D

山中研究室ホームページ

「iPS細胞研究基金」へのご支援のお願い

研究概要

ヒトの皮膚などの体細胞に初期化因子を導入して作製するiPS細胞は、体中の細胞に分化する能力と、ほぼ無限に増殖する能力を獲得した多能性幹細胞です。現在、CiRAに限らず、世界各国でiPS細胞作製のための技術開発が進められており、由来組織や誘導因子の組み合わせ、因子導入法など、iPS細胞の作製技術は多様になっています。そして、これらの作製方法の違いによってiPS細胞の性質や安全性、作製効率が異なることから、創薬・再生医療への応用を実現するためにも、世界標準と呼べる安全でかつ有効なiPS細胞の樹立、評価技術の確立を進めてきました。これまでに、がん化などのリスクが低く、動物由来成分が含まれない方法でのiPS細胞培養方法を確立し、普及し始めています。また、体細胞がiPS細胞へと初期化される段階で、発生の重要な過程である原条に似た状態を経ることを明らかにしました。未来生命科学開拓部門では、初期化のメカニズムや生命現象の解明につながる研究を行っています。

Nanog-iPS由来キメラマウス
Nanog-iPS細胞由来のキメラマウスの子供(F1)

Nanog-iPS由来キメラマウス
Nanog-iPS細胞由来のキメラマウスの子供(F1)

ヒトiPS細胞
ヒト成人皮膚細胞から作製したiPS細胞

ヒトiPS細胞
ヒト成人皮膚細胞から作製したiPS細胞

Myc- iPS由来キメラマウス
Myc- iPS細胞由来のキメラマウス(左:マウス胎仔繊維芽細胞由来Myc- iPS細胞。緑色蛍光(GFP)を発現する。
右:成体マウス尻尾繊維芽細胞由来Myc- iPS細胞。赤色蛍光(DsRed)を発現する。

Myc- iPS由来キメラマウス
Myc- iPS細胞由来のキメラマウス(左:マウス胎仔繊維芽細胞由来Myc- iPS細胞。
緑色蛍光(GFP)を発現する。
右:成体マウス尻尾繊維芽細胞由来Myc- iPS細胞。
赤色蛍光(DsRed)を発現する。

動画:ヒトiPS細胞を分化誘導し作った心筋細胞(拍動している)

ヒトiPS細胞由来心筋細胞
Nanog-iPS由来キメラマウス
Nanog-iPS細胞由来のキメラマウスの子供(F1)
Nanog-iPS由来キメラマウス
ヒトiPS細胞
ヒト成人皮膚細胞から作製したiPS細胞    
ヒトiPS細胞
Myc- iPS由来キメラマウス
Myc- iPS細胞由来のキメラマウス(左:マウス胎仔繊維芽細胞由来Myc- iPS細胞。緑色蛍光(GFP)を発現する。
右:成体マウス尻尾繊維芽細胞由来Myc- iPS細胞。赤色蛍光(DsRed)を発現する。
Myc- iPS由来キメラマウス
go top