ニュース・イベント
News and Events

ニュース・イベント
News and Events

Home › ニュース・イベント › ニュース › 2018年 › その他 › 池谷真准教授が第35回村尾育英会学術奨励賞を受賞しました

ニュース 
News

  

2018年3月13日

池谷真准教授が第35回村尾育英会学術奨励賞を受賞しました

未来生命科学開拓部門池谷真准教授が、一般財団法人村尾育英会による第35回村尾育英会学術奨励賞を受賞しました。3月10日(土)に贈呈式が神戸市内で開催されました。

村尾育英会学術賞・学術奨励賞は、「神戸ないし兵庫にゆかりのある研究」や「兵庫県内の研究機関に所属する研究者の研究」を顕彰する目的で、1983年に制定されました。

池谷准教授は、筋肉の中に骨ができるという進行性骨化性線維異形成症(FOP:Fibrodysplasia Ossificans Progressiva)に対するiPS細胞を活用した創薬研究による業績が評価されました。

池谷准教授グループと増殖分化機構研究部門の戸口田淳也教授グループにより行われた本研究では、兵庫県在住の患者さんから提供を受けた細胞も使い、FOPにおける骨化のメカニズムを解明し、異所性骨化を抑える候補薬を発見しました。2017年9月には候補薬を用いた医師主導治験が開始されています。

授賞式に出席する池谷准教授(写真提供:一般財団法人村尾育英会)

go top