ニュース・イベント
News and Events

ニュース・イベント
News and Events

Home › ニュース・イベント › ニュース › 2018年 › イベント・セミナー › 【受付終了】一般の方対象シンポジウム「iPS細胞で拓く創薬の未来」を開催します

ニュース 
News

  

2018年1月29日

【受付終了】一般の方対象シンポジウム「iPS細胞で拓く創薬の未来」を開催します

京都大学iPS細胞研究所(CiRA)は、3月2日(金)にCiRA講堂にて、シンポジウム「iPS細胞で拓く創薬の未来」を開催いたします。

さまざまな細胞に分化できるiPS細胞は、再生医療への活用が注目されているほか、病気の仕組みの解明や薬の開発にも役立つと期待されています。 今回は、そのような研究の最前線にいるCiRAの教員が、iPS細胞を使った薬の開発に向けた研究についてご紹介いたします。 皆様のご参加をお待ちしています。

iPS細胞で拓く創薬の未来
日 時 2018年3月2日(金)14:00~16:30(13:30開場予定)
会 場 京都大学iPS細胞研究所(CiRA)本館1階講堂
対 象 一般の方80名 事前お申し込み制(先着順)
お申し込み 定員に達したため、受付を終了しました。
参加費 無 料
チラシ
主 催 京都大学iPS細胞研究所(CiRA)
プログラム
14:00~14:30 開会の挨拶・講演 井上 治久 教授(CiRA)
「難治性神経疾患治療薬シーズの探索と神経系副作用評価法の開発」
14:30~14:55 講演 太田 章 特命教授(CiRA)
「疾患iPS細胞を用いた創薬 化合物スクリーニングの特徴」
14:55~15:05 休憩
15:05~15:30 講演 長船 健二 教授(CiRA)
「iPS細胞技術を用いた薬剤肝毒性評価系と新規肝疾患モデルの作製」
15:30~15:55 講演 斎藤 潤 准教授(CiRA)
「血液免疫疾患のiPS細胞を用いた創薬プラットフォームの構築」
15:55~16:20 講演 吉田 善紀 准教授(CiRA)
「ヒトiPS細胞由来心筋細胞の創薬研究への応用」
16:20~16:25 閉会の挨拶 長船 健二 教授(CiRA)

備 考:
本シンポジウムは、日本医療研究開発機構(AMED)のプロジェクト「難治性疾患創薬シーズの探索と薬剤安全性評価法開発」の研究成果に関するアウトリーチ活動の一環として開催いたします。

go top