研究活動
Research Activities

研究活動
Research Activities

Home › 研究活動 › 研究成果 › 山下潤准教授 マウスiPS細胞からの心血管分化に成功

研究成果 
Publications

  

2008年7月14日

山下潤准教授 マウスiPS細胞からの心血管分化に成功

筆者らがこれまでマウスES細胞を用いて構築した系統的心血管細胞分化誘導法をマウスiPS細胞に適用することにより、種々の心血管細胞、すなわち、内皮細胞、壁細胞、血球細胞、心筋細胞、さらには動静脈リンパ管内皮細胞等を系統的に誘導すること、及び血管構造を培養下に形成することに成功しました。

マウスiPS細胞はマウスES細胞と同等の心血管分化特性を有していること、及びES細胞研究のノウハウは同様にiPS細胞に適用可能であることが明らかとなりました。

  1. 論文名
    Directed and Systematic Differentiation of Cardiovascular Cells From Mouse Induced Pluripotent Stem Cells
  2. ジャーナル名
    Circulation
  3. 著者
    Genta Narazaki, Hideki Uosaki, Mizue Teranishi, Keisuke Okita, Bongju Kim, Satoshi Matsuoka, Shinya Yamanaka, Jun K. Yamashita
go top