ニュース・イベント
News and Events

ニュース・イベント
News and Events

Home › ニュース・イベント › イベントカレンダー › 2019年 一般向の方対象イベントスケジュール

イベントカレンダー
Event Calendar

2019年 一般の方対象イベントスケジュール
2019年 タイトル 受付状況
1月5日(土) NHK文化センター京都教室「1からわかるiPS細胞」
『患者さんのための「いい」iPS細胞とは?』
基盤技術研究部門 研究員 梅景 雅史

1月16日(水) NHK文化センター梅田教室「1からわかるiPS細胞」
『生殖細胞の発生や分化の神秘を解読する』
未来生命科学開拓部門 助教 小島 洋児

2月2日(土) 第13回 研究棟見学会「CiRAツアー」
2月2日(土) NHK文化センター京都教室「1からわかるiPS細胞」
『iPS細胞の謎を解読せよ』
未来生命科学開拓部門 准教授 山本 拓也

2月20日(水) NHK文化センター梅田教室「1からわかるiPS細胞」
『iPS細胞を使って神経難病の病態を再現する』
増殖分化機構研究部門 助教 今村 恵子

3月2日(土) NHK文化センター京都教室「1からわかるiPS細胞」
『幹細胞研究の倫理を考える』
上廣倫理研究部門 助教 澤井 努

3月12日(火) 科学コミュニケーション・セミナー
「日本とイギリスの科学コミュニケーションの違い 〜イギリスの科学イベント「New Scientist Live」に参加して〜」

(国際広報室 和田濵 裕之)

3月17日(日) 出張CiRAカフェ × 聞イテミル・考エテミル!?
「iPS細胞の現在:筋疾患治療に挑む」

3月20日(水) NHK文化センター梅田教室「1からわかるiPS細胞」
『再生医療をめぐる規制と倫理』
上廣倫理研究部門 助教 八田 太一

3月24日(日) 那覇市医師会・京都大学iPS細胞研究所共催シンポジウム
「iPS細胞がつくる未来の健康」

4月6日(土) NHK文化センター京都教室「もっと知りたい!iPS細胞」
『iPS細胞を使って神経を再生する』
(臨床応用研究部門 助教 菊地 哲広)

4月6日(土) NHK文化センター梅田教室「iPS細胞の“いま”」
『iPS細胞を使った神経の再生』
(臨床応用研究部門 研究員 佐俣 文平)

5月7日(火) CiRAミニ・シンポジウム
「ロボティクス・AI x iPS細胞=Promising Future」

5月11日(土) 第14回 研究棟見学会「CiRAツアー」
6月1日(土) NHK文化センター京都教室「もっと知りたい!iPS細胞」
『光るタンパク質って結局なんの役に立つんですか?』
(未来生命科学開拓部門 研究員 中西 秀之)

6月1日(土) NHK文化センター梅田教室「iPS細胞の“いま”」
『体を守る戦士、T細胞をつくるには』
(未来生命科学開拓部門 助教 米谷耕平)

6月29日(土) NHK文化センター京都教室「もっと知りたい!iPS細胞」
『軟骨細胞が長く軟骨細胞でいるための条件を探す』
(臨床応用研究部門 研究員 藤田 香里)

7月6日(土) NHK文化センター京都教室「もっと知りたい!iPS細胞」
『iPS細胞研究を支える寄付の力』
(基金室 室長 渡邉 文隆)

8月1日(木) CiRAミニ・シンポジウム
『日本最高レベルの研究環境実現に向けた AIプラットフォームと研究インフラの共創戦略』

8月19日(月) 出張CiRAカフェ×グラスルーツサイエンスカフェ in 福島
「iPS細胞×ゲノム編集のミライを考える」

8月20日(火) 中高生・一般の方対象のシンポジウム
未来をひらく科学の可能性
~iPS細胞研究者が語る 夢を叶える力~

9月7日(土) NHK文化センター京都教室「もっと知りたい!iPS細胞」
『ともに考える いのちの倫理』
(上廣倫理研究部門 教授 藤田 みさお)

9月7日(土) NHK文化センター梅田教室「iPS細胞の“いま”」
『病気の謎にせまるため、健康な人のiPS細胞を作る』
(臨床応用研究部門 特命助教 大澤光次郎)

9月14日(土) 第15回 研究棟見学会「CiRAツアー」
10月12日(土) 京都大学理学部&iPS細胞研究所ウォークインサイエンス
with ~京女サロンと京都府立図書館~

11月27日(水)
〜29日(金)
CiRA国際シンポジウム2019
2020年 一般の方対象イベントスケジュール
2020年 タイトル 受付状況
1月11日(土) NHK文化センター梅田教室「iPS細胞の“いま”」
『iPS細胞の倫理について考えよう』
(上廣倫理研究部門 研究員 赤塚京子)

2月1日(土) 第16回 研究棟見学会「CiRAツアー」
go top