教育関連
Education

教育関連
Education

Home › 教育関連 › インターンシップ

インターンシップ
Internship Program

CiRA研究インターンシップについて

2019年度 CiRA研究インターンシップ

iPS細胞研究所での修学、研究指導を希望する学生を対象に、学生が希望する研究課題に関係する研究室において
研究活動を体験することが出来ます。

2016年度のCiRA研究インターンシップの様子は、CiRAが発行している刊行物でご覧いただけます。

2019年度 CiRA研究インターンシップ募集要項
対象者

将来CiRAへの進学を希望する学部生(主に3、4回生)および大学院生

期 間 夏季(6月〜10月)期間中の1~8週間
(受入研究室により異なります。)
場 所 京都大学iPS細胞研究所(CiRA)
参加費 無料
旅費および宿泊費 一部支給有り
  1. 旅費:居住地からCiRAまでの往復運賃
  2. 宿泊費:通学圏外の場合は一泊5,000円以内

※支給はインターンシップ終了後、一括でお支払いします。

※運賃は京大の規定額に準じます。前後に別の所用がある場合は運賃が支給できないので注意して下さい。

募集人数 各主任研究者につき最大1名(国内大学所属学生)
内 容 【滞在中のプログラム】
  • 各研究室にて基礎的な研究活動に従事する。
  • 基本的な実験操作を見学し体験する。
  • 最終日に各受講者による成果発表会を実施。
申し込み申請書
申し込み期限 国内大学所属学生:5月24日(金)
海外大学所属学生:3月8日(金)
問い合せ 【2019年度 CiRA研究インターンシップに関する問い合せ】
CiRA研究インターンシップ委員会
E-mail:cira-internship*cira.kyoto-u.ac.jp
お手数ですが、メール送信の際は*を@に変えてください。
ポスターダウンロード

お申し込みの流れ

(1) 事前に指導を希望する主任研究者にE-mail等でコンタクトをとり、研究内容等を事前に確認しておくのが望ましいです。 各主任研究者の研究概要またはホームページをご確認下さい。


(2) 申請書に記載されている必要事項を記入し、iPS細胞研究所(CiRA)総務掛まで提出してください。
総務掛 E-mail:cira-internship*cira.kyoto-u.ac.jp
(お手数ですが、メール送信の際は*を@に変えてください。)

  • 大学・学部名および連絡先
  • 志望理由(400〜1,000字程度)
  • 卒業後の希望進路
  • 略歴および研究活動に関連する事柄
  • 参加希望期間
  • 指導を希望する主任研究者(第1希望から第2希望まで)
  • 所属大学の指導教官から参加の許可を得ること
  • インターンシップ中の滞在予定

(3) 受入が決定したら、6月上旬を目処に受け入れ通知にてお知らせします。



注意事項
  • 所属する大学の指導教官から許可を得た上で申請してください。
    受入れの許可にあたり、所属機関及びご本人から誓約書をご提出いただきます。
    以下、誓約書の見本をご参照ください。
  • 特定の研究室に偏らないよう人数調整を行う場合があり、希望者多数の場合は受入れが許可されないことがあります。なるべく事前に希望する主任研究者と連絡を取ることを推奨します。
  • インターンシップ受入れが認められた場合、インターンシップ期間中に有効な傷害保険・賠償保険に加入してください。
  • 京都大学医学部4回生は、「マイコースプログラム」により応募してください。
  • 海外からの参加者は、京都大学の「短期交流学生制度」を適用します。

受入れ研究室・主任研究者紹介

未来生命科学開拓部門
Dept. Of Life Science Frontiers
主任研究者名 研究室・研究概要
齊藤 博英 細胞の種類を見分けて運命を変える
齊藤博英研究室に応募を考えている
学生へのメッセージ

生命をコントロールする分子であるRNAを
活用して、iPS細胞などを自在に操るための
技術を開発しています。
下記サイトもごらんください!

(受入れ可能な期間:30日間)
藤渕 航 細胞状態を理論的に解明し、
高品質な細胞を設計する
藤渕研究室に応募を考えている
学生へのメッセージ

当研究室では、情報系と実験系の二つの分野が
あります。 実験グループは、最先端のシングル
セル解析技術を開発し、 ヒト全細胞でのオミッ
クスデータの測定を進めています。
情報グループは、得られたデータを用いてヒト
細胞データベース(SHOGoiN)を構築しさらに
情報解析のアルゴリズムやツールを開発
しています。

以下のテーマに興味がある意欲的な学生を
募集しています。
① 幹細胞・細胞分化の時空間情報解析法と
その基礎理論の構築
② 1細胞解析によるiPS細胞からの3D組織
設計の研究
③ ヒト細胞データベースの開発とその医療
応用の研究
④ 人工知能を用いた細胞創薬システムの開発

(受入れ可能な期間:60日間)
ウォルツェン・クヌート iPS細胞とゲノム編集を組み合わせた細胞機能の解明
髙島 康弘 ナイーブ型ヒトiPS細胞を用いた
再生医療の実現と初期発生の解明
髙島研究室に応募を考えている
学生へのメッセージ

幹細胞の制御機構を研究しています。
研究に情熱のある方を希望します。

(受入れ可能な期間:28日間)
中川 誠人 体細胞初期化メカニズムの解析
─タンパク質の機能を知る
中川研究室に応募を考えている
学生へのメッセージ

自分の手でiPS細胞を作ってみましょう!
皮膚などの細胞に初期化因子を働かせることで
細胞の形や性質が変化してiPS細胞になる過程を
観察し、「なぜ?」を感じてみませんか?
ラボの一員として生活して研究の楽しさを
感じてもらいたいと思っています。

(受入れ可能な期間:30日間)

増殖分化機構研究部門
Dept. of Cell Growth and Differntiation
主任研究者名 研究室・研究概要
山下 潤 iPS細胞を用いて新しい心臓再生治療法を切り拓く
山下研究室に応募を考えている
学生へのメッセージ

幹細胞に関する基礎研究から医療応用に向けた
研究まで、興味に合わせて幅広く見聞できます。

(受入れ可能な期間:30日間)
金子 新 iPS細胞から誘導した再生T細胞の臨床応用へ向けて
金子研究室に応募を考えている
学生へのメッセージ

新しい治療が生み出される過程を体験して下さい。

(受入れ可能な期間:15〜30日間)
吉田 善紀 心筋細胞・血液細胞を用いた再生医療・創薬研究
吉田研究室に応募を考えている
学生へのメッセージ

iPS細胞から作製した心筋細胞・血液細胞を
用いて新しい治療法開発をめざします。
興味のある方はご連絡ください。

(受入れ可能な期間:14〜60日間)

臨床応用研究部門
Dept. of Clinical Application
主任研究者名 研究室・研究概要
髙橋 淳 合言葉は「脳をつくる」
─細胞を操って神経難病を治す!
髙橋淳研究室に応募を考えている
学生へのメッセージ

パーキンソン病や脳梗塞に対する
細胞移植療法の開発を目指した
研究をしています。

(受入れ可能な期間:1〜2週間)
齋藤 潤 小児難病の謎を疾患特異的iPS細胞で解き明かす
齋藤潤研究室に応募を考えている
学生へのメッセージ

血液や免疫疾患の研究を行っています。
興味があればよろしくお願いします。

(受入れ可能な期間:2〜4週間)
池谷 真 疾患特異的iPS細胞を用いて
骨・軟骨疾患の原因に迫る
池谷研究室に応募を考えている
学生へのメッセージ

発生学的な視点を大切にしながら、新しい
分化誘導技術の開発や細胞移植治療、 疾患
再現と創薬応用など、基礎的な研究を幅広く
行っております。
興味のある方はお気軽にお問い合わせ下さい。
Let’s do!

(受入れ可能な期間:1〜8週間)
堀田 秋津 iPS細胞とゲノム編集技術の二刀流で
遺伝性難病に挑む
堀田研究室に応募を考えている
学生へのメッセージ

当研究室では最新のゲノム編集技術とiPS細胞
技術を組合せ、筋ジスなどの遺伝子変異が原因
の難病に対する根治療法の開発に取り組んでい
ます。
不可能を可能とするためには多彩な視点やアイ
デアが必要ですので、医学・工学・情報系など
多様なバックグランドのメンバーを取り入れ、
ラボミーティングも英語で実施しています。
比較的小規模なラボですが、その分メンバー間の
協調性が強く、PIの堀田とも気軽に話ができる
雰囲気を心掛けています。
インターンシップ生には、現在ラボで進行中の
プロジェクトの一環を分担して頂くことで、
堀田研究室での生活を体験して頂きます。
実験技術に関してはラボメンバーが丁寧に
お教えします。過去にはインターンシップ中に
出したデータが論文に掲載され、共著者となっ
た学生もいます。やる気と協調性のある方から
の御応募をお待ちしております。

(受入れ可能な期間:1〜8週間)

上廣倫理研究部門
Uehiro Research Div. for iPS Cell Ethics
主任研究者名 研究室・研究概要
藤田 みさお iPS細胞技術に伴う倫理的課題を
データに基づいて論じる
藤田研究室に応募を考えている
学生へのメッセージ

iPS細胞を使って動物の体内でヒトの臓器を
作る研究や人工的に生殖細胞を作製する研究
が進んでいます。
こうした研究をどこまで社会で認めてよいで
しょうか?
認める場合はどのような規制が必要でしょう
か?
サイエンスだけでは解決できないこうした倫
理的課題に、
CiRAで唯一の文系研究室として
取り組んでいます。
最先端のサイエンスや規制策定の現場と近い
恵まれた研究環境で、多様な学術的バック
グラウンドを持つ教員複数名が手厚く
スーパーバイズします。

(受入れ可能な期間:1〜8週間)
go top