ニュース・イベント
News and Evens

ニュース・イベント
News and Evens

Home › ニュース・イベント › ニュース › 2017年 › イベント・セミナー › 【受付終了】一般の方対象シンポジウムを浜松で開催します

ニュース 
News

  

2017年2月16日

【受付終了】一般の方対象シンポジウムを浜松で開催します

CiRAでは、最新のiPS細胞研究の進捗状況をご報告するとともに、今後の展望などをお伝えするために、一般の方を対象としたシンポジウムを毎年開催しています。

9回目の開催となる来年度は、独立行政法人労働者健康安全機構浜松労災病院との共催で、iPS細胞発表10周年と浜松労災病院の開院50周年を記念し、2017年4月8日(土)に静岡県浜松市で開催します。CiRAが主催するシンポジウムを静岡県で開催するのは初めてです。

シンポジウムでは浜松労災病院の有井滋樹院長およびCiRAの山中伸弥所長・教授金子新准教授による講演のあと、トークセッションを設け、参加者から事前にいただいた質問を中心に登壇者が話を繰り広げます。また、CiRAがブースを出展し、サイエンスコミュニケーターによるiPS細胞研究の紹介も行います。

皆様のご参加をお待ちしております。

iPS細胞発表10周年・浜松労災病院50周年記念合同シンポジウム
「iPS細胞の現在と未来」
日 時 2017年4月8日(土) 13:00~15:00
場 所 グランドホテル浜松 2階「鳳中」
〒432-8036 静岡県浜松市中区東伊場1-3-1
主 催 労働者健康安全機構 浜松労災病院・京都大学 iPS細胞研究所
お申し込み先 定員に達したため、受付を終了しました。
チラシ
参加費 無料
対 象 一般の方
定 員 600名(先着順)
お問い合わせ先 独立行政法人労働者健康安全機構 浜松労災病院
TEL: 053-461-0319 (受付:平日9:00〜17:00)
スケジュール
開会挨拶 山中 伸弥 所長・教授(京都大学iPS細胞研究所)
シンポジウム司会 今野 弘之 学長(浜松医科大学)
講演① 有井 滋樹 院長(浜松労災病院)
「臓器移植・がん治療の現状とiPS細胞への期待」
講演② 金子 新 准教授(京都大学iPS細胞研究所)
「iPS細胞を用いた 新たながん治療の開発」
講演③ 山中 伸弥 所長・教授(京都大学iPS細胞研究所)
「iPS細胞がつくる新しい医学」
トークセッション 登壇者によるトークセッション
閉会挨拶 鈴木 康友 市長(浜松市)
go top