ニュース・イベント
News and Evens

ニュース・イベント
News and Evens

Home › ニュース・イベント › ニュース › 2017年 › イベント・セミナー › 【受付終了】上廣倫理財団設立30周年記念出版「科学知と人文知の接点」シンポジウム 「社会とともに考える iPS細胞研究と生命倫理」 開催のお知らせ

ニュース 
News

  

2017年9月1日

【受付終了】上廣倫理財団設立30周年記念出版「科学知と人文知の接点」シンポジウム 「社会とともに考える iPS細胞研究と生命倫理」 開催のお知らせ

 京都大学iPS細胞研究所(以下、CiRA)上廣倫理研究部門は、公益財団法人上廣倫理財団のご支援を受け、iPS細胞技術を取り巻く倫理的・法的・社会的課題を整理し、その成果を情報発信することを目的に2013年4月に設立されました。

 この度、2017年9月に、『科学知と人文知の接点―iPS細胞研究の倫理的課題を考える』(京都大学iPS細胞研究所 山中伸弥監修・上廣倫理研究部門編、弘文堂)を出版することになりました。同書は、公益財団法人上廣倫理財団の財団設立30周年を記念して、iPS細胞をはじめとした幹細胞研究の倫理的課題について、科学者や国内外の人文社会学系研究者(総勢14名)に寄稿していただいたものです。

 当部門では、同書の出版を記念して、広く一般の方とiPS細胞研究の倫理的課題について考える機会を持つために、下記要領で出版記念シンポジウムを2017年10月2日(月)に京都市内で開催いたします。講演者、パネリストには同書の執筆者も含まれています。

上廣倫理財団設立30周年記念出版 「科学知と人文知の接点」シンポジウム
「社会とともに考える iPS細胞研究と生命倫理」
開催日時 2017年10月2日(月)13時00分~16時20分(12時30分開場)
会 場 京都大学 百周年時計台記念館 百周年記念ホール
定 員 500名
参加費 無 料
お申し込み方法 定員に達したため、受付を終了しました。
主 催 京都大学iPS細胞研究所 上廣倫理研究部門
共 催 公益財団法人 上廣倫理財団
プログラム
13時00分~13時05分 開会の辞
13時05分~13時20分 来賓挨拶
講 演
13時20分~15時05分
  1. 山中 伸弥 (CiRA 所長)
    「iPS細胞がひらく新しい医学」
  2. 藤田 みさお(CiRA 上廣倫理研究部門・部門長 准教授)
    「上廣倫理研究部門における研究活動と展望」
  3. 八代 嘉美(CiRA 上廣倫理研究部門 准教授)
    「iPS細胞の責任ある研究・イノベーションに向けた
    コミュニケーション」
  4. 鈴木 美香(CiRA 上廣倫理研究部門 研究員)
    「人を対象に研究するということ」
15時05分~15時20分 休 憩
パネルディスディスカッション
15時20分~16時15分
<パネリスト>
  1. 児玉 聡(京都大学大学院 文学研究科 准教授)
  2. 斎藤 通紀(京都大学大学院 医学研究科 教授)
  3. 澤井 努(CiRA 上廣倫理研究部門 研究員)
  4. 八田 太一(CiRA 上廣倫理研究部門 研究員)
  5. 星野 利彦(内閣府政策統括官付参事官)
<モデレーター>
  1. 三成寿作(CiRA 上廣倫理研究部門 准教授)
16時15分~16時20分 閉会の辞
go top